電気工事士 トピックス

【重要】新型コロナウイルス感染症に伴う電気工事士のまとめ情報

(一財)電気技術者試験センターより、新型コロナウイルス感染症に伴う令和2年度第二種電気工事士上期試験について、下記のような発表がありました。
※3月17日現時点

令和2年度第二種電気工事士上期試験(筆記試験・技能試験)は、現状では、予定どおり実施すべく準備を進めております。
今後、試験の実施について変化がありましたら、当試験センターホームページでご案内します。
このような状況ですので、受験申し込みをされる方は、なるべくインターネットによる申し込みをお勧めします。
また、学生の皆様などで学校が休校となるなどして、受験案内の入手でお困りの方には、返信用封筒を郵送いただければ、当試験センターより受験案内を送付いたしますので、ご利用ください。

詳細は、(一財)電気技術者試験センターのホームページをご確認ください。

上記のように上期第二種電気工事士試験は実施予定です。
万が一実施されなかった場合でも、上期試験に向けて学習してきた知識は、次回の第二種電気工事士試験で役立ちます。
そのため、まずは今年の上期試験にきちんと対応できるように、まだ学習をされていない方は、早めの試験対策をおすすめします。

また、経済産業省より新型コロナウイルス感染症に伴う電気保安規制への対応について、下記のようなよくあるご質問が発表されています。
※3月17日現時点

<第1種電気工事士の定期講習について>
Q.電気工事士法に基づく講習がキャンセルされたことに伴い、期限内に講習を受講できなかった場合、直ちに電気工事士免状は失効してしまうのでしょうか。

A. 新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぐ目的で講習が延期されたことにより、電気工事士の方が免状の交付を受けた日又は前回の講習から5年以内に講習を受講できない場合、都道府県が直ちに免状の返納を求めることはありません。
なお、講習がキャンセルされたことにより受講できなかった旨を証明するものとして、申し込みを行ったことを確認できる書類をお手元に保管していただくようお願いいたします。

詳細は、経済産業省のホームページをご確認ください。

カテゴリー: トピックス
受講お申込み
閉じる
第二種電気工事士講座
第一種電気工事士講座
電気工事士とは
お申込みと費用