教材の特徴 第二種電気工事士 教材の特徴

1 筆記対策 テキスト&補強教材

翔泳社アカデミーの第二種電気工事士短期合格特別講座の教材の特徴をご紹介いたします。

■ テキスト
電気教科書第二種電気工事士[筆記試験]合格ガイド 2016年版 (翔泳社刊)

基本テキストは資格対策出版社として歴史のある翔泳社が刊行する、EXAMPRESSシリーズ 電気教科書第二種電気工事士[筆記試験]合格ガイド2016年版です。「専門用語にルビ」「図版を多用」「計算式を丁寧に展開」といった工夫が盛りだくさん。初学者や数学が苦手な人でも安心して合格を目指せます。

■ 補強教材 1
電気教科書第二種電気工事士 出るとこだけ!筆記試験の要点整理 (翔泳社刊)

本講座の講師でもある早川先生が、過去問題を徹底的に分析し、試験に出るところばかりを集めて1冊にまとめました。コンパクトなサイズで持ち運びに便利。赤いシート付きで要点暗記に最適です。

■ 補強教材 2
電気教科書第二種電気工事士[筆記試験]過去問題・解答と解説(非売品)

実際の試験用紙に準じた過去問題集です。丁寧な解答と解説により、出題される確率の高い類似問題の対策を行います。

■ 補強教材 3
電気教科書第二種電気工事士ナビゲーションブック(非売品)

できるだけ、短期間に効率よく合格するためには、試験内容のしくみを押さえて、教材の使い方を理解しましょう。教材が届いたら、大好評のナビゲーションブックを最初に一読することでムダな学習をすることなく、力を入れるところが見えてきます。
●その他の補強教材 : 添削問題×1冊(筆記試験対策)


2 筆記対策 ライブ講義DVD

■ ライブ講義DVD

電気教科書短期合格特別講座専用DVD筆記対策 (約300分×2枚)

基本テキスト「電気教科書第二種電気工事士[筆記試験]合格ガイド」の著者でもある、電気工事士教育のエキスパート、早川義晴先生による「筆記対策ライブ講義DVD」です。精選されたテキストを使った教室での授業をリアルに再現、試験に出る重要なポイントを丁寧に説明しています。通学では不可能な自分のペースにあった、繰返し学習が可能です。


▲クリックすると実際のDVDを少しだけ視聴できます。

 


3 技能対策 ライブ講義DVD

■ ライブ講義DVD

電気教科書短期合格特別講座専用DVD技能対策 (約120分×1枚)

早川義晴先生がみずからお手本を見せてくれる「技能対策ライブ講義DVD」では、合格のための重要ポイントである「単線図から複線図の描き方」、「正確な基本技能の習得」そして「実戦的で失敗しない効率の良い作り方」までを優しく指導。繰り返し画面を見ながら自分でも手を動かして実地の練習を重ね、試験に必要な基本知識をマスターできます。
●その他の補強教材 : 添削問題(技能試験対策)×1冊


▲クリックすると実際のDVDを少しだけ視聴できます。

 


4 技能対策 技能試験練習用部材セット&候補問題攻略DVD

■ 練習用部材セット
第二種電工試験練習用部材セット(候補問題攻略DVD付)

■ 候補問題攻略DVD


▲クリックすると実際のDVDを少しだけ視聴できます。

2016年度 候補問題 全13問完全対応
技能試験対策用の「第二種電工試験練習用部材セット」は、総合工具メーカーとして定評のあるホーザン製。電線と器具のセットを使って、毎年の候補問題(全13問)を確実に練習できます。さらに、翔泳社アカデミーとホーザンが共同開発した「候補問題攻略DVD」で何度もチェックしておけば、技能試験対策は完璧です。もちろん複線図も付いています。
※工具は、本セットには含まれておりません。別途ご購入ください。

【合格者の声】
第二種電気工事士短期合格特別講座を修了し、見事合格を勝ち取られた方々の声を一部ご紹介いたします!

【試験について】
まずは、第二種電気工事士試験とはどんな試験なのか見てみませんか?

【第二種電気工事士とは?】
電気工事のプロフェッショナルとして働く資格です!!どんな仕事や求人があるのか見てみましょう!!

 

第二種電気工事士短期合格特別講座の担当講師

担当講師:早川 義晴 (はやかわ よしはる)

第二種電気工事士短期合格特別講座 担当講師:早川 義晴 (はやかわ よしはる)

第二種電気工事士は、出題ポイントを掴んで学習をすると意外と簡単に合格できる資格です。
第二種電気工事士短期合格特別講座で出題されるところをしっかりと学習しましょう。
筆記試験は、特に過去問題、類似問題の対策が重要です。覚えるべきところをとにかく覚えてしまうことがポイントです。
技能試験は、毎年1月に出題される候補問題が公表されます。基本作業が確実にできること、単線図を複線図に描き換えること、問題を欠陥にならないように作ることがポイントです。仕上げは候補問題を練習することです。テキストで学習するよりも、作り方を見て実際にやってみることがもっとも早くて確実な対策です。
試験の特徴を理解して受験すれば、誰にでも短期間で合格することができます。

講師プロフィール

東京電機大学電子工学科卒業。日本電子専門学校電気工学科教員を経て、現在同校講師。
著書:「電気教科書 第二種電気工事士[筆記試験]合格ガイド(翔泳社/共著)、「電気教科書 電験三種合格ガイド(翔泳社)、「電験三種 よくわかる理論(オーム社)、「電験三種 よくわかる機械(オーム社/共著)、「(専修学校教科書シリーズ1)電気回路(1)直流・交流回路編」(コロナ社/共著) 他。

受講お申込み
資料請求はこちら【無料】!
受講お申込み
資料請求はこちら【無料】!