平成27年度 下期試験 問30

問題

一般用電気工作物に関する記述として、正しいものは。
ただし、発電設備は電圧600V以下とする。

イ.低圧で受電するものは、小出力発電設備を同一構内に施設しても、一般用電気工作物となる。
ロ.低圧で受電する者は、出力55kWの太陽電池発電設備を同一構内に施設しても、一般用電気工作物となる。
ハ.高圧で受電するものは、受電電力の容量、需要場所の業種にかかわらず、すべて一般用電気工作物となる。
二.高圧で受電するものであっても、需要場所の業種によっては、一般用電気工作物になる場合がある。

「過去問題解答解説 一問一答」は、講座で学習して過去問に取り組むときに使用すると効果的です。
第二種電気工事士短期合格特別講座の内容
カテゴリー: 平成27年度下期, 過去問題
受講お申込み
資料請求はこちら【無料】!
受講お申込み
資料請求はこちら【無料】!