受講お申し込み 受講お申し込み
RECIPE

さくっと合格レシピ

【第二種電気工事士筆記試験】配線図における工事方法の問題

問題

下図は配線図の一部です。

〔注意〕
1. 図は、木造2階建住宅の配線図である。
2.屋内配線の工事は、特記のある場合を除き600Vビニル絶縁シースケーブル平形(VVF)を用いたケーブル工事である。
3.屋内配線等の電線の本数、電線の太さ、その他、問いに直接関係のない部分等は省略又は簡略化してある。
4.漏電遮断器は、定格感度電流30mA、動作時間0.1秒以内のものを使用している。
5.選択肢(答え)の写真にあるコンセント及び点滅器は、「JIS C 0303:2000 構内電気設備の配線用図記号」で示す「一般形」である。

①で示す部分の工事方法として、適切なものは。

イ.金属管工事
ロ.金属可とう電線管工事
ハ.金属線ぴ工事
ニ.600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル丸形を使用したケーブル工事