受講お申し込み 受講お申し込み
RECIPE

さくっと合格レシピ

【第二種電気工事士筆記試験】配線図における機器の接地抵抗の問題

問題

下図は配線図の一部です。

〔注意〕
1.屋内配線の工事は、特記のある場合を除き600Vビニル絶縁シースケーブル平形(VVF)を用いたケーブル工事である。
2.屋内配線等の電線の本数、大きさ、その他問いに直接関係のない部分等は省略又は簡略化してある。
3.漏電遮断器は、定格感度電流30mA、動作時間0.1秒以内のものを使用している。
4.選択肢の写真になるコンセント及び点滅器は、「JIS C 0303:2000屋内電気設備の配線用図記号」で示す「一般形」である。
5.3路スイッチの記号「0」の端子には、電源または負荷側の電線を結線する。

⑥で示す部分の接地工事の種類及びその接地抵抗の許容される最大値〔Ω〕の組合せとして、正しいものは。

イ.C種接地工事10Ω
ロ.C種接地工事50Ω 
ハ.D種接地工事100Ω
ニ.D種接地工事500Ω