みんなの電気工事士 ブログ

合格発表のあと電気工事士の免状を申請してきました!

この時期、電気工事士の試験も終わられて合格された方も多くいらっしゃるかと思います!「電気工事士の試験に合格したけど、そのあとの免状交付はどうすればいいのかな…(((゚ー゚*)(*゚ー゚)))?」と、私も不安でしたが、実は!先日!!免状を申請してきました!!
そのときの全体の流れや、申請にどれくらい時間がかかるのかなど、お伝えできたらと思います(*^o^*)
これから第二種電気工事士の試験を受験する予定がある人も、ぜひ確認してくださいね♩

1.ドキドキの試験結果発表日
2.試験結果通知書が届いたら
3.いざ免状申請に向かう
4.待ちに待った免状が届く!

1.ドキドキの試験結果発表日

試験結果発表日になれば、試験結果通知書が届く前に、(一財)電気技術者試験センターのホームページより、合否を確認することができます。ドキドキしながら、受験番号を入力しました(>_<)手で顔を隠しながら、恐る恐る除いて見ると……この画面が!!

「入力した受験番号は合格者一覧にあります。」

少しわかりにくい表現ですが、見事合格です♪((o(*^∇^)X(^∇^*)o))♪
この結果発表日=試験結果通知書が発送される日でもあるので、試験結果通知書が届くまで待ちました。

2.試験結果通知書が届いたら

2日後くらいには自宅に試験結果通知書が届きました。こちらが試験結果通知書です。

書いている内容を要約してみると、
『試験結果通知書には、申請に必要な持ち物など書かれているけど各都道府県によって異なる。なので、自分の住民票がある都道府県の窓口で確認しよう』ということでした。
私は大阪に住民票があるので、大阪の免状交付担当窓口のホームページ(大阪府電気工事工業組合)を確認しました。各都道府県の窓口は、(一財)電気技術者試験センターのホームページで案内してくれているので、すぐにわかりますよ(*゚ー゚)v
また、免状交付担当窓口のホームページ(大阪府電気工事工業組合)には、「申請に必要なもの」「問い合わせ窓口」「申請場所」「営業時間」など記載されているので安心ですね♪
大阪の場合、「申請に必要なもの」は下記の7点です。

⑴第二種電気工事士免状交付申請書
⑵試験結果通知書(技能試験合格通知はがき)
⑶住民票1通(申請前3ヶ月以内、本人のみ記載のもの。本籍の記載は不要。)
⑷写真2枚(縦4㎝×横3㎝で裏面に氏名記入のこと)
⑸交付手数料 5,200円
⑹手数料納付票(手数料支払い時に交付されます)
⑺ 電気工事士免状の郵送先を記入した定型封筒

この⑴第二種電気工事士免状交付申請書は、免状交付担当窓口のホームページ(大阪府電気工事工業組合)よりダウンロードすることができるので、そのまま印刷して記入しました(´-`).。o(技能試験のときにもらっていたはずですが、カバンの中でしわくちゃになってしまいました…笑)
⑵試験結果通知書は、言うまでもなく技能試験の結果通知書です。
⑶住民票1通と、⑷写真は事前にご自身で準備しておきましょう。※もちろん⑸手数料の5,200円もです(笑)
⑹手数料納付票については、当日、手数料を支払った際に交付されるので、あまり気にしなくても大丈夫です。
⑺電気工事士免状の郵送先を記入した定型封筒は、私も忘れていました。が、申請時に封筒をもらえたので、助かりました(笑)
また、申請の受け付け時間や曜日も確認しておきましょう。
※詳細につきましては、各都道府県のホームページをしっかり確認してください。

3.いざ免状申請に向かう

「混んでいるかなー?」と思っていましたが、私が到着したときは、申請が終わりかけの人が2人くらいだけでした。
まず、①手数料の5,200円を支払い、手数料納付票を受け取ります。そのあとに、別のエリアに進み、②申請に必要な持ち物の確認してもらいます。私の場合ですと、『写真をまだ切ってなかったので切って名前書くこと』『電気工事士免状の郵送先を記入した定型封筒をもっていなかったので、封筒をもらって住所を書くこと』をして、もう一度確認してもらいました。事前にきちんと準備できていたらもっとスムーズに進むことができるので、みなさんしっかり準備しておきましょう((((っ・ω・)っ
次のエリアに進み、③申請に必要なものの情報が正確かどうか審査してもらいます。最後のエリアは、④再度確認をしてもらい、免状が届くまでの流れを教えてもらう最終審査です。「申請してから約1週間後に免状が届く」、「万が一2週間たっても届かなければ連絡をください」とのことでした。
申請会場をあとにするとき、①~④のエリアごとに分散されているとはいえ、④の最終審査で5名くらい並んでいました。タイミングによって、混み具合は変わってきそうです。申請時間ですが、私は運よく①~④を10分くらいで終えることができました(*゚ー゚*)

4.待ちに待った免状が届く!

免状は1週間後に自宅に届きました。こちらが免状です!

思っていたよりも簡易的なものでしたが、これで私も電気工事士女子です( ^^)人(^^ )♡
結果として、「申請に必要なもの」をすぐに準備して、試験結果通知書が届き次第、すぐに申請に行くと、試験結果発表日から3週間もたたないうちに、免状が届きました。免状申請の手続き自体は、そこまで複雑なことではなかったので、みなさんも、試験結果通知書が届き次第、申請に行って、免状をゲットしましょう☆彡

【電気工事士を受験予定のアナタ!】
これだけの教材で「短期合格」できる理由とは?あなたにあった学習プランで確実に合格を目指していきましょう!!
→合格を目指すなら翔泳社アカデミーの電気工事士

【電験三種へステップアップをお考えのアナタ!】
「電気工事士を取得後、電験三種の資格へステップアップしたい(^^)」という方も多いのではないでしょうか?電験三種へ最短で合格するコツはあります!!電験三種の資格について、勉強方法などまとめておりますので、ぜひご確認ください!!
→合格を目指すなら翔泳社アカデミーの電験三種

カテゴリー: ブログ
受講お申込み
閉じる
第二種電気工事士講座
第一種電気工事士講座
電気工事士とは
お申込みと費用