みんなの電気工事士 ブログ

なぜ40%の人が第2種電気工事士の筆記試験に落ちるのか?

第2種電気工事士は、国家資格の中でも比較的カンタンな試験と言われています。
でも実は、受験者の約40%もの人たちが、筆記試験に落ちてしまいます゚゚(´O`)°゚
年間の受験者数が約11万人なので、単純計算をしても約4万5千人もの人たちが落ちています(´-`).。o(そう思うと結構多いよね)
これを聞くと、私のような電気初心者は不安になってしまうかもしれません。
でも、「筆記試験に落ちてしまう人=電気初心者」ではありません!
落ちてしまう人には理由があります
筆記試験を合格するために、ぜひご確認くださいね。

1.筆記試験の仕組みを理解していない

「電気なんて難しそうだし勉強のやる気が出ない…」となかなか勉強をスタートできない人も多いのではないでしょうか?
本当は、電気初心者でも数学がニガテでも合格できるのに、筆記試験に落ちてしまう根本的な理由は、「試験の仕組み」を理解していないからです。
第二種電気工事士の筆記試験は、四肢択一のマークシート方式です(´-`).。o(塗りつぶしさえすれば運でも当たる
問題数は50問、配点が2点の100点満点ですが、合格点は60点です(´-`).。o(40点落としても合格よ)
出題パターンは暗記問題と計算問題の大きく2パターンで、そのうち、暗記問題が約80点分、計算問題が約20点分出題されます(´-`).。o(暗記問題だけで60点取れる!!
また、過去問からよく似た問題が出題されます(´-`).。o(過去問を何度も解こう)

筆記試験は、60点で合格なのに、みなさんは100点満点を目指す勉強をしますか?
そんな勉強方法をしていては、いくら時間があっても足りません。
また、「何も考えず前から順番に勉強している」、「大まかに一通り勉強している」という方は、得意な分野から勉強することが大切です(っ`・ω・´)

電気初心者で数学がニガテ」という方は、暗記問題から勉強しましょう。
過去問を解いたとき、暗記問題で60点近くまで得点できるようになれば、後から計算問題をさらっと勉強するくらいのイメージでも合格できます◎
逆に、「計算問題は得意だけど暗記はそこまで…」という方は、計算問題は確実に得点できるようにして、暗記問題の中でも比較的出題傾向の高い問題を暗記するようなイメージで勉強しましょう。
あとは、「こんなところまで試験に出題されないよ」という部分まで深めようと学習してしまう方もいるので、「筆記試験に合格する」ということに焦点を当てることが大切です。

2.時間がなくて勉強していない

「お仕事が忙しくて勉強をできなかった」と筆記試験に落ちてしまう人が多いですが、受験者のほとんどが、働きながら勉強しています。
「毎日まとまった時間を確保して勉強しないといけない」と考えると、勉強するハードルが高くなり、なかなか勉強に取り組めないと思いますが、スキマ時間でも勉強はできます
実際に私も、日々の通勤時間や寝る前の15分や30分などのスキマ時間で、暗記問題を勉強していました。
お仕事が忙しすぎてスキマ時間さえ全くない方は、コツコツ勉強するのではなく、休日にまとめて勉強するように調節しましょうp(*^-^*)q
みなさんのライフスタイルに合わせて、うまく勉強時間を作ることが大切です。

3.過去問を解いていない

過去問からよく似た問題が出題されることをお伝えしましたが、このことを知らずに筆記試験を受験して、落ちた人もいます。
なので、過去問は必ず解くようにしてくださいφ(・ω・ )
もちろん解くだけではダメで、間違った問題はテキストで確認し、復習するようにしましょう。
過去問でしっかり60点以上得点できるようになれば、本番の筆記試験も合格することができます。

4.筆記試験に合格するための勉強方法

上記で説明した通り、筆記試験の仕組みを理解し、スキマ時間を活かして過去問まで得点できるようになれば、誰でも合格を目指せます。
ところが独学で、実際に勉強をスタートするとなると、自分で試験の仕組みを調べないといけません。
また、どのテキストがいいのか、分野ごとに勉強できるのかなど、本屋さんで確認する必要もあります。
過去問も購入しないといけません。
こうしている間に、勉強の準備だけで疲れてしまいそうですよね(;_;)

翔泳社アカデミーの通信講座は、そういった手間もなく勉強できます。
試験の仕組みが良くわかる「ナビゲーションブック」には、得意分野に合わせて学習できる得点シミュレーションもあります。
もちろん過去問もついていますよ(*゚ー゚*)
また、先生が講義している動画もあるので、初心者でも安心ですよね♪
e-ラーニングでも動画を見ることができるので、スキマ時間も活かしながら効率的に学習できます。
みなさんも、筆記試験の合格に向けて勉強を頑張りませんか?

カテゴリー: ブログ
受講お申込み
閉じる
第二種電気工事士講座
第一種電気工事士講座
電気工事士とは
お申込みと費用