みんなの電気工事士 ブログ

【電気工事士】試験会場での落とし穴

みなさん、こんにちは!
第二種電気工事士筆記試験日が間近!!ということで、ある日の試験会場でのことをレポートしたいと思います(・∀・)

【試験会場全体のこと】
【電車の中でのこと】
【駅から試験会場までのこと】
【受験した教室中でのこと】
【余裕を持って出かけること】


【試験会場全体のこと】
このとき、私の試験会場は、駅から徒歩で約5分のインテックス大阪でした。
「5分で着くから余裕だな!」と、思いがちですが実は、注意すべきことがあります…( ゜Д゜)
インテックス大阪に行ったことがある人はわかりますが、大阪の有名なコンベンションセンターでとても広いです!!

焦らないで試験会場まで辿り着くには、十分余裕を見た方がいいです!!
もう季節は秋であるといっても、走って会場入りしたら、汗だくで試験に影響してしまいます。(実際そうなった方もいらっしゃいましたよ…)


【電車の中でのこと】
会場へ向かう電車の中では、立ったまま、電気工事士の書籍を真剣な眼差しで読んでいる人が3名いました。

また、座席に座っている高校生が、一緒に受ける友人と「ここがやりにくいから嫌だなー。でも、ここは大丈夫。時間内にできるかな?」と、話し合っていました。よく車内を見渡してみると、受験生とはっきりわかる人達ばかりなので、駅から会場までは、集団になってついていけば迷わないですね!(笑)


【駅から試験会場までのこと】
駅から会場までは、 恐らく一緒に受験するであろうカップルが、何組か手をつないで仲良く歩いていました。そんな時代が来たのか!といった感じです…(O_O)笑
全体としては、10代から50代までと幅広い年代の方が多いですが、特に高校生が多かったですね。私が確認しただけでも、若い女性の受験生が6名くらいいました。


【受験した教室中でのこと】
私が受験した教室内では、空席が目立った状態で試験が開始しました。
筆記試験は試験開始後30分までは途中入室が認められていますが、開始5分~20分後に慌てて着席している方が何名もいたことに驚きです。


【余裕を持って出かけること】
これが1番言いたかったことです!(笑)
試験当日に電車の到着が少し遅れるかもしれませんし、会場までの道のりが複雑だった場合、道に迷うかもしれません。

会場によっては、大きなビルになることもあるので、「なかなかエレベーターが来ない」、「自分の受験する会場の部屋までなかなか上がれない」、ということが起こる可能性もあります。
さらに遅れて入室をすると、周囲の受験者に迷惑がかかりますし、慌ただしく準備をすると、これまでの練習や学習でしなかったようなミスに見舞われるかもしれません。

日常、時間に余裕を持って行動している人にとっては、なんて事ないことですが、そうでない人にとっては少し大変です。
今からすることは、何かもうわかりますよね!
会場までの道のり、到着するまでにかかる時間を踏まえ、何時何分に家を出るか、今から調べて当日に備えておきましょう!

▽第二種電気工事士カンタン講座
早川先生による初心者にやさしく、短期で学習できる合格講座です。

▽過去問題解答解説で一問一答
第二種電気工事士筆記試験は、過去に出題された問題や類似した問題がたくさん出題されます。効果的な攻略法は、基本学習の後に過去問題を繰り返して覚えることです。

もう筆記試験の対策は完璧!って方も、ギリギリになって焦っている方も、一度確認してみましょう!

カテゴリー: ブログ
受講お申込み【第二種総合】
閉じる
第二種電気工事士
第一種電気工事士
電気工事士とは
お支払い方法