電気工事士とは 電工の関連資格

電気工事士と関連資格

1.電気系の資格はどんなものがあるの?

まずは、電気系の資格がどのようなものがあるか見てみましょう。電気系の資格には様々なものがあります。その中でも代表的な電気系の資格をまとめてみました。

◆電気工事士
電気工事士は、住宅や店舗、工場などの電気工事を行う際に必要となる資格です。電気工事の欠陥による災害の発生を防止するために、電気工事士法の定めによって一定範囲の電気工作物における電気工事に従事する者の資格が定められています。

◆電気主任技術者
電気主任技術者とは、発電所、変電所、工場、ビルなどの受電設備や配線など、電気設備の保安監督という仕事に従事することができる資格です。
電気設備を設けている事業主は、工事・保守や運用などの保安の監督者として電気主任技術者を選任しなければならないことが法令で義務付けられています。

◆電気工事施工管理技士
電気工事施工管理技士は、電気工事を行う上で施工計画、施工図の作成、工程の管理、安全管理などを行う為に管理する場合に必要な資格です。国土交通省によって指定された試験機関で行われる「電気工事施工管理技術検定試験」を受けることによって取得できる国家資格です。

◆電気通信主任技術者
電気通信主任技術者とは、電気通信ネットワークの工事、施工や電子ネットワークの運用などの監督責任者になるための資格です。国で管理されている国家資格であり、日本データ通信協会が行なっている国家資格で合格する事によって資格を取得することができます。

◆工事担任者
工事担任者資格は、ブロードバンド回線の接続やIP-PBXの設計、配線工事などの電気通信に関する工事担任者としての資格です。
この資格は工事の種類や範囲によって資格が分かれています。

2.電気主任技術者への道

電気主任技術者は、電気関係の中では電気工事士と並んでポピュラーな資格で、この試験のことは通称「電験」と呼ばれています。電気工事士が現場で工事をするプレーヤーであるのに対して、電気主任技術者は安全管理の管理者となりますので、従事する仕事の立ち位置は違ってきます。しかし、電気主任技術者は定年後も就きやすい資格なので、思い立ったときに取得にチャレンジしましょう。

資格を取得すれば、発電所、工場、ビルなど事業用の電気設備の保安監督という仕事に従事することができます。大きな電気を使う建物や設備は、この保安監督を必ず置いて、その管理下で工事や点検を行わなければなりません。取り扱いできる電圧によって、第一種(電験一種)から第三種(電験三種)までありますが、第三種でもかなりの難関資格といわれています。
実務では技術責任者として、電気工作物に関する高い知識や経験が求められますので、電気工事士としてキャリアを十分に活かすことができます。

3.みんなの資格

職種によっては、電気工事士と併せて取得しておくと有利になる資格があります。「みんなの資格」は、国家資格概要のリンク集として作成しました。いろいろな資格がありますが、ひとり一人の業務によって必要度が違います。また、資格によってはかなり受験資格の条件が制約されるものもあります。

参考:みんなの資格

▲TOPへ

受講お申込み【第二種総合】
閉じる
第二種電気工事士
第一種電気工事士
電気工事士とは
お支払い方法