電気工事士 トピックス

【電気工事士】筆記試験当日までに確認すべき3点のこと

遂に、9月30日(土)は第二種電気工事士、10月1日(日)は第一種電気工事士の筆記試験日です。

当日の準備は、しっかりできていますでしょうか?

「当日の持ち物はなに?」「会場の最寄駅はどこ?」「何時の電車に乗る?」など、すぐに答えることができる人は安心です(^ ^)
逆に、応えることができなかった人は、すぐに確認しましょう。

1.受験票の確認

受験票に写真は貼ってありますか?
筆記試験から受験される方は、同じ写真(パスポートサイズの縦45mm×横35mm)が2枚必要です。
「当日貼ればいいや」と思っている人ほど、寝坊してしまい、バタバタしているイメージがあります。
試験当日、受験票に写真を貼った状態で、忘れないように持っていきましょう。

2.試験会場の確認

受験票に記載された試験会場以外での受験はできません。
あらかじめ、試験会場までのアクセス等を調べておきましょう。
また、試験会場には駐車場がございませんので、公共交通機関を利用しましょう!

3.遅刻をしないこと

二種、一種ともに筆記試験は13時00分から始まります。(12時45分までに入室)
入室時刻の30分経過後13時15分を過ぎると、遅刻となり受験できません。
当日何があるかわからないので、時間に余裕を持って早めに出かけましょう。

試験に関しての詳しいお問い合わせは、試験センターに確認をとりましょう!!
(一財)電気技術者試験センター

その他、試験情報についてはこちらからご確認下さい!
試験情報

[技能試験まであと何日でしょうか?]

筆記試験終了後、技能試験まで実は約2ヶ月しかございません!
ほっと一息をつきたいところですが、すぐに技能試験対策をスタートしましょう!
工具をお持ちでない方もセットでお申込みできます。
詳しい講座の内容は、下記よりご確認ください。
▼第二種電気工事士技能試験対策講座
▽第一種電気工事士技能試験対策講座

カテゴリー: トピックス
受講お申込み【第二種総合】
閉じる
第二種電気工事士
第一種電気工事士
電気工事士とは
お支払い方法