試験について 電気工事士試験ガイド

電工の試験についてみてみましょう!

電気工事士資格には、第一種と第二種の2種類があります。第一種は年1回、第二種は年2回実施されます。
実施機関は、経済産業大臣の委託を受けた(一財)電気技術者試験センターです。受験制限は一切なく、どなたでも受験することができます。ここでは、試験についてや難易度など押さえておくべきポイントをまとめてみました。

【第二種電気工事士 試験ガイド】

1.第二種電気工事士ってどんな試験?
2.申し込みから試験までの流れ
3.申込み方法と受験料は?
4.試験の難易度と合格率
5.合格発表について

【第一種電気工事士 試験ガイド】
1.第一種電気工事士試験とは?
2.申し込みから試験までの流れ
3.申込み方法と受験料
4.試験の難易度と合格率
5.免状の交付について

▲TOPへ

第二種電気工事士 試験ガイド

1.第二種電気工事士ってどんな試験?

第二種電気工事士の資格試験は、上期試験と下期試験の2開催されます。受験者は好きな日程を選んで申込みを行うことができます。受験資格はありません。年齢や実務経験のある/なしにかかわらず、誰でも受験できます。
また、同一年度の間は、上期と下期のどちらかしか受験することはできません。受験案内はそれぞれ試験専用の受験申込み用紙があります。配布期間もそれぞれ異なりますので、ご注意ください。

試験は、上期・下期とも筆記試験技能試験があり、筆記試験で一定の得点以上を取得して合格すると、およそ2ヵ月後に行われる技能試験の受験資格が得られます。技能試験に合格した後、住民票が置いてある都道府県の知事に申請して免状を取得すると、第二種電気工事士の資格保持者となります。
筆記試験に合格して、技能試験で不合格となった場合は、翌年は筆記試験が免除されます。

受験会場は、申込み時に試験地一覧から希望する会場を自由に選択することができます。
上期は47都道府県すべてと一部の離島に受験会場が設けられますが、下期はグッと減り、全国主要都市での開催のみとなりますので注意しましょう。なお、上期の技能試験は2日間実施されますが、試験会場によってどちらかの日が指定され、それ以外の日は受験することができません。

参考:第二種電気工事士の試験日程

2.申込みから試験までの流れ

STEP 1 受験申込みをする
受験申込みの期間は、上期試験は3月下旬~4月上旬、下期試験は6月中旬~6月下旬の約23週間ほどです。
この期間を逃すと受験ができませんのでお申込み忘れのないように注意しましょう。また、受験申込みの期間はその年によって変わることがありますので、こまめに試験センターのホームページを確認するようにしましょう。

STEP 2 受験票を受け取り、確認する
試験に申込むと、(一財)電気技術者試験センターから受験票が送付されます。受験票は、申し込み後すぐには送付されませんのでご注意ください。また、受験票が届かない場合の申し出期日が受験案内に記載されています。
必ず受験案内は確認しておくようにしましょう。

STEP 3 試験本番を迎える
試験前日に持ち物を確認しておきましょう。また、試験会場は大学や大型施設が試験会場となるケースが多いかと思いますが、最寄り駅から会場まで時間がかかることもあります。自宅から試験会場までどれくらいかかるかをしっかりと確認しておきましょう。
準備万端で、試験当日を迎えましょう!!

3.申込み方法と受験料

○インターネット申込
・個人申込みと団体申込み(2人以上)が可能

【申込手順】
(一財)電気技術者試験センターのホームページにアクセスし、申込画面で申込手順に従って必要事項を入力して申込み

【申込内容の変更】
所定期間内は、試験センターのホームページから試験地などの変更が可能

【受験手数料】
9,300円

【支払方法】
・銀行振込決済
・クレジットカード決済(一括払いのみ)
・コンビニエンスストア決済
・Pay-easy(ペイジー)決済
※他に事務手数料(振込手数料)が別途必要です。
※団体申込みの場合は、銀行振込決済のみとなります。

○郵便申込
・個人申込みのみ

【申込手順】
書店、電力会社等で受験案内を入手して申込み
※受験者本人が受験案内に綴じ込まれた受験申込書に必要事項を記入する。

【申込内容の変更】
申込内容変更申出書により試験地等の変更申請が可能

【受験手数料】
9,600円

【支払方法】
・ゆうちょ銀行(郵便局)で払込み
※他に払込手数料が別途必要です。

受験申込書は、大型書店や電力会社支社の営業窓口、(一財)電気技術者試験センター本部事務局などで配布されます。
詳しい配布箇所については、(一財)電気技術者試験センターのホームページで確認することができます。受験案内が最寄りの書店や電力会社にない場合は、希望部数分の切手を貼った返信用封筒を同封して(一財)電気技術者試験センターへ請求すれば届けてくれるようです。

4.試験の難易度と合格率

第二種電気工事士の試験は、電気の勉強がはじめての方でも取得しやすい資格です。
試験の過去問題が広く公開されていますし、初心者向けの教材や参考書も豊富です。筆記試験では、過去問題の出題頻度が高く、最小限勉強したら、過去問題を中心にとにかく覚えることがポイントとなります。技能試験は、毎年試験に出題される候補問題が発表されますので、基本作業を覚えたらあとは何度も繰り返し候補問題を練習すれば合格することができます。

筆記試験の合格ラインは、ここ数年は60となっています。重要なのは、全問合計で60%正解すれば合格できるということです。すべての範囲を完璧に覚える必要はありません。試験本番は、時間の掛かりそうな計算問題などは後回しにして、解きやすい問題から取りかかったほうがよいかもしれません。勉強時間があまり取れないようであれば60%以上正解を目指し、写真判別問題など、確実に取れる分野を見極めて重点的に勉強しましょう。
参考書だけ読んで勉強するのが苦手な方は、ライブ講義がある通信講座で勉強することをおすすめいたします。

➡初心者でも大丈夫!短期合格できちゃう第二種電気工事士講座のポイント

技能試験は、候補問題で対策をしっかり行いましょう。電気工事には資格が必須となるため、ほとんどの方が実務未経験で受験することになります。そのため、技能試験に関しては、毎年1月に(一財)電気技術者試験センターのホームページで試験の候補問題が公開され、本番ではその中からいずれか1題が必ず出題されます。みんな同じ条件で受験することになりますので、実務経験がないからといって不利になることはありません。
事前準備をしっかりして、どの問題が出てもが大丈夫なように練習をしておくことが肝心といえるでしょう。

参考:電気工事士試験の勉強方法

第二種電気工事士の筆記試験合格率は、60%前後です。筆記試験合格者が受ける技能試験の合格率は、70%前後となります。毎年合格者が5万名を越える試験です。毎年の受験者数や合格者数、合格率は下記のページからご確認いただけますので、参考にしてみて下さい。

参考:第二種電気工事士 試験情報・データ

5.合格発表について

筆記試験実施日の翌月曜日に、(一財)電気技術者試験センターのホームページで試験問題と解答が公開されます。そして、約1ヵ月後から(一財)電気技術者試験センターのホームページで受験番号から検索できるようになります(正式な合格基準点はこのときはじめて公開されます)。その後、合格/不合格の通知が発送され、合格者には同時に技能試験の受験票が届くことになります。技能試験については、実施日の翌月曜日に(一財)電気技術者試験センターのホームページで試験問題と完成作品例、そして、合否の判断基準となる欠陥について公開されます。合格者の受験番号は、技能試験の約1ヵ月後から同サイトで検索できるようになり、その数日後に合格/不合格通知が自宅に郵送されます。

第二種電気工事士の試験に合格し、手元に技能試験の合格通知が届いたら、住民票が置いてある都道府県の知事に申請して免状を交付してもらう必要があります。
免状とはいわば、電気工事士の免許証。仕事を行う際に必ず携帯する必要があります。交付されるまでの間は有資格者ではないので、まだ電気工事を行うことはできません。
第二種電気工事士の免状交付は、自治体によって手順も管轄も異なるので、まずは自分の住民票が置いてある都道府県の行政サイトで確認しましょう。手続きは、特定の役所や電気工事工業組合の事務所で受付している都道府県が一般的ですが、中にはウェブからの電子申請に対応しているところもあります。また、交付申請に必要な「電気工事士免状交付申請書」は、行政サイトからダウンロードできるところがほとんどです。都道府県庁免状窓口の一覧は、(一財)電気技術者試験センターホームページの「免状交付」で確認できます。

▲TOPへ

第一種電気工事士 試験ガイド

1.第一種電気工事士試験とは?

第一種電気工事士の筆記試験は年に1回、毎年10月の初週の日曜日に実施されます。受験資格はありません。
受験申込みは7月頃です。筆記試験に合格すると、およそ2ヶ月後にある技能試験の受験資格を得ることができます。なお、前年度に筆記試験に合格するなど一定の条件を満たしていると、筆記試験が免除されます。また、電気主任技術者試験の合格者も筆記試験は免除されます。

2.申込みから試験までの流れ

STEP 1 受験申込みをする
受験申込みの期間は、7月上旬~7月下旬の約2~3週間ほどです。この期間を逃すと次に受験できるのは次の年になってしまいます。申し込み忘れのないようにしましょう。また、その年によって期間は変わることがありますので、こまめに確認をするようにしましょう。

STEP 2 受験票を受け取り、確認する
申込みをすると、9月中旬頃に(一財)電気技術者試験センターから受験票が送付されます。受験票は、申し込み後すぐには送付されません。また、受験票が届かない場合の申し出期日が受験案内に記載されています。
必ず受験案内を確認しましょう。

STEP 3 試験本番を迎える
試験前日に持ち物を確認しておきましょう。また、試験会場は大学や大型施設が試験会場となるケースが多いかと思いますが、最寄り駅から会場まで時間がかかることもあります。自宅から試験会場までどれくらいかかるかをしっかりと確認しておきましょう。
準備万端で、試験当日を迎えましょう!!

3.申込み方法と受験料

○インターネット申込
・個人申込みと団体申込み(2人以上)が可能

【申込手順】
(一財)電気技術者試験センターのホームページにアクセスし、申込画面で申込手順に従って必要事項を入力して申込み

【申込内容の変更】
所定期間内は、試験センターのホームページから試験地などの変更が可能

【受験手数料】
10,900円

【支払方法】
・銀行振込決済
・クレジットカード決済(一括払いのみ)
・コンビニエンスストア決済
・Pay-easy(ペイジー)決済
※他に事務手数料(振込手数料)が別途必要です。
※団体申込みの場合は、銀行振込決済のみとなります。

○郵便申込
・個人申込みのみ

【申込手順】
書店、電力会社等で受験案内を入手して申込み
※受験者本人が受験案内に綴じ込まれた受験申込書に必要事項を記入する。

【申込内容の変更】
申込内容変更申出書により試験地等の変更申請が可能

【受験手数料】
11,300円

【支払方法】
・ゆうちょ銀行(郵便局)で払込み
※他に払込手数料が別途必要です。

受験申込書は、大型書店や電力会社支社の営業窓口、(一財)電気技術者試験センター本部事務局などで配布されます。
詳しい配布箇所については、(一財)電気技術者試験センターのホームページで確認することができます。受験案内が最寄りの書店や電力会社にない場合は、希望部数分の切手を貼った返信用封筒を同封して(一財)電気技術者試験センターへ請求すれば届けてくれるようです。

4.試験の難易度と合格率

第一種電気工事士の試験は、二種の範囲に加えて高圧受電設備についての知識がポイントとなります。
但し、それほど難易度が高いわけではありません。科目ごとにポイントを押さえて学習していくことが重要です。電気が初めての方が受ける場合は、二種の範囲を押さえてから、一種の学習として低圧の部分から学習するとわかりやすいでしょう。

筆記試験の合格ラインはここ数年は60点となっています。すべての範囲を完璧に覚える必要はありませんが、高圧受電設備の知識がポイントになるので、その基本構成や施工に関しては、しっかりと押さえましょう。検査方法や発送電施設、保安に関する法令など暗記の科目は確実に得点できるようにしましょう。

技能試験に関しては、事前にホームページで候補問題が10問程度公開され、本番ではその中からいずれか1題が出題されます。二種を取得されている人は、高圧の器具の取り扱いをポイントに覚えれば、作業上の難点は特にありません。実際の作業の難易度よりも、公表された配線図から施工条件を踏まえて、「正しく読み解く力」が問われる試験だといえます。候補問題の攻略書籍が販売されていますが、工事種別や施工条件等は開示されていませんので、本番の試験でいかに正確に対応できるかがポイントとなります。

第一種電気工事士の筆記試験合格率は、4045%前後です。筆記試験合格者が受ける技能試験の合格率は、6065%前後 となり、最終合格率は、約25%位です。

詳しい試験データは、下記をご参照ください。
第一種電気工事士 試験情報・データ

▲TOPへ

第二種電気工事士 短期合格特別講座
受講お申込み
講座の内容
第一種電気工事士 短期合格特別講座
受講お申込み
講座の内容
講座の内容
講座の内容