試験について 第二種電気工事士【勉強方法】筆記対策

【勉強方法】筆記試験のポイント

学習のポイント

試験は、四肢択一のマークシート方式で例年60点を超えれば合格できることに着目しましょう。配点は全て2点で50問なので、科目ごとにおおよその出題数を把握して、自分の得意な科目を攻略していくと効率的です。特に図・写真の問題は、得点し易い問題です。集中して、とにかく覚えてしまいましょう。
第二種電気工事士の問題は、過去に出された問題や類似した問題が多く出題されます。過去問題集の学習では、問題の正否だけでなくて、できなかった問題を覚えてしまうようにすると効果的です。

5

 

四肢択一のマークシート方式

試験問題は、すべて4択のマークシート方式で解答します。試験時間は120分、問題数は全50問です。
試験では、電気に関する基礎知識や電気工事の実務、法令についてなど、電気工事士として仕事をしていく上で必要となる知識について広く出題されます。

 

合格ラインは6割、解きやすい問題を確実に取ろう

合格ラインは、若干変動することがありますが100点満点中60点で合格となる年が多いようです。
配点は1問2点×50問と均等になっていますので、得意な科目や解きやすい問題を確実に取っていくことが、合格への近道と言えます。
例えば、計算問題が中心の「電気に関する基礎理論」「配電理論及び配線設計」の出題は10~12問です。図・写真の問題が中心の配線図、配線器具、工事材料、工具等の出題は20問となります。出題科目とおおよその出題数を把握することは、重要なポイントとなります。

6

 

最短で学習をしよう

第二種電気工事士は取得しやすい資格です。とはいえ、慣れていない電気のジャンルで、たくさんのテキストを自分で読みこんで、理解して覚えていくことは、大変な労力に感じます。翔泳社アカデミーの通信講座「第二種電気工事士短期合格特別講座」は、テキストである「電気教科書第二種電気工事士[筆記試験]合格ガイド」を元に著者である早川義晴先生の生講義を収録しているDVDで学習しますので、とても早く学習が進みます。しかも基本テキストはこれ一冊です。テキストを読み込む労力よりも「合格するためにとにかく覚えること」に集中してほしいのです。

参考:翔泳社アカデミーを選ぶメリット

受験生に必要な情報はホームページで公開しております。

【勉強方法 技能試験の対策】
電気回路を作成する基本作業については、整理して覚えるとそれほど多くはありません。とにかく実際に作業して覚えましょう。候補問題を見て「複線図」をまちがいなく描けるようにすることが重要です。

【試験情報・データ】
第二種電気工事士の試験日程、受験者数や合格率等の試験データ、毎年発表される技能試験の候補問題、過去試験の問題と解答のデータを整理しました。

【あなたの合格力がぐっとあがる画期的な講座とは?】
短期間で確実に合格を目指す人のためのコースをご紹介いたします!

【合格者の声】
第二種電気工事士短期合格特別講座を修了し、見事合格を勝ち取られた方々の声を一部ご紹介いたします!

Yahoo!ショッピングAmazon楽天の各販売サイトからもご購入を受け付けております。

【注意事項】
「第二種電気工事士 短期合格特別講座」の教育訓練給付制度をご利用される方は、上記のインターネット販売サイトからお申込みは出来ません。お申し込み時はご注意ください。

▲TOPへ

受講お申込み
資料請求はこちら【無料】!
受講お申込み
資料請求はこちら【無料】!