みんなの電気工事士 さくっと合格レシピ

第二種電気工事士 技能試験

008 スイッチで電灯・パイロットランプを点滅しコンセントのある複合回路の複線図

複線図には、いくつかのパターンがあります。
「接地・非接地とは何か?」の記事で登場した、接地側電線・非接地側電線の決まりごとに基づいて、スイッチで電灯・パイロットランプを点滅し、コンセントのある複合回路の複線図の描き方について解説します。

スイッチで電灯・パイロットランプを点滅し、コンセントのある複合回路の複線図を描きます。
以下が単線図です。

コンセント27

①実線で描いたとおり、コンセントに電源の接地側白線(W)と非接地の黒線(B)を結びます。

コンセント28

②電源の接地側の白線(W)をパイロットランプ、ランプレセクタクル、引掛けシーリングに結びます。

コンセント32

③電源の非接地側は、黒線(B)でスイッチに結びます。

コンセント29

④スイッチからランプレセクタクルと引掛けシーリングとパイロットランプに結びます。

コンセント33

⑤以下が完成した複線図です。

コンセント33
カテゴリー: 合格レシピ, 第二種 技能試験
受講お申込み
資料請求はこちら【無料】!
受講お申込み
資料請求はこちら【無料】!