メルマガ バックナンバー

電線接続部分の絶縁処理

問題

600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル平形1.6〔mm〕を使用した低圧屋内配線工事で、絶縁電線相互の終端接続部分の絶縁処理として、不適切なものは
ただし、ビニルテープはJISに定める厚さ約0.2〔mm〕の絶縁テープとする。

イ.リングスリーブにより接続し、接続部分を自己融着性絶縁テープ(厚さ約0.5〔mm〕)で半幅以上重ねて1回(2層)巻き、更に保護テープ(厚さ約0.2〔mm〕)を半幅以上重ねて1回(2層)巻いた。
ロ.リングスリーブにより接続し、接続部分を黒色粘着性ポリエチレン絶縁テープ(厚さ約0.5〔mm〕)で半幅以上重ねて2回(4層)巻いた。
ハ.リングスリーブにより接続し、接続部分をビニルテープで半幅以上重ねて1回(2層)巻いた。
ニ.差込形コネクタにより接続し、接続部分をビニルテープで巻かなかった。

カテゴリー: メルマガ
受講お申込み
閉じる
第二種電気工事士講座
第一種電気工事士講座
電気工事士とは
お申込みと費用