平成27年度 下期試験 問20

問題

木造住宅の単相3線式100/200V屋内配線工事で、不適切な工事方法は。
ただし、使用する電線は600Vビニル絶縁電線、直径1.6mm(軟銅線)とする。

イ.同じ径の硬質塩化ビニル電線管(VE)2本をTSカップリングで接続した。
ロ.合成樹脂製可とう電線管(PF管)内に通線し、支持点間の距離を1.0mで造営材に固定した。
ハ.金属管を点検できない隠ぺい場所で使用した。
二.合成樹脂製可とう電線管(CD管)を木造の床下や壁の内部及び天井裏に配管した。

「過去問題解答解説 一問一答」は、講座で学習して過去問に取り組むときに使用すると効果的です。
第二種電気工事士短期合格特別講座の内容
カテゴリー: 平成27年度下期, 過去問題
受講お申込み【第二種総合】
閉じる
第二種電気工事士
第一種電気工事士
電気工事士とは
お支払い方法