第二種電気工事士 電気工事士の勉強方法

試験勉強のやり方ってあるの?

電気工事士の試験には、攻略するためのポイントがあります。まずは試験の特性をしっかりと理解し、勉強方法のポイントを確認してから実際に勉強を始めましょう。ここでは、電気工事士試験の勉強方法についてお伝えします。

【第二種電気工事士 勉強方法】

1.筆記試験のポイントとは?
2.技能試験の攻略方法とは?
3.必要な工具は自分で揃えよう
4.欠陥の判断基準について

【第一種電気工事士 勉強方法】
1.筆記試験の特徴とポイント
2.技能試験の攻略方法とは?
3.欠陥の判断基準について

▲TOPへ

第二種電気工事士 勉強方法

1.筆記試験のポイントとは?

試験は、四肢択一のマークシート方式です。例年60点を超えれば合格できることに着目しましょう。
配点は全て2点で問題数は全50問、試験時間は120分です。科目ごとのおおよその出題数を把握して、自分の得意な科目を攻略していくと効率的です。特に図・写真の問題は、得点しやすい問題です。集中して、とにかく覚えてしまいましょう。
第二種電気工事士の問題は、過去に出された問題や類似した問題が多く出題されます。過去問題集の学習では、問題の正否だけでなくて、できなかった問題を覚えてしまうようにすると効果的です。

試験では、電気に関する基礎知識や電気工事の実務・法令についてなど、電気工事士として仕事をしていくうえで必要となる知識について広く出題されます。具体的には、以下の7科目に分かれています。

1.電気に関する基礎理論
2.配電理論及び配線設計
3.電気機器、配線機器並びに電気工事用の材料及び工具
4.電気工事の施工方法
5.一般電気工作物の検査方法
6.配線図
7.一般用電気工作物の保安に関する法令

第二種電気工事士は取得しやすい資格です。とはいえ、慣れていない電気のジャンルで、たくさんのテキストを自分で読み込んで理解して覚えていくことは、大変な労力に感じます。翔泳社アカデミーの通信講座「第二種電気工事士短期合格特別講座」は、テキストである「合格ガイド」を元に著者である早川義晴先生の生講義を収録しているDVDで学習しますので、とても早く学習が進みます。ポイントを絞った教材で、最短での合格を目指しましょう。

参考:翔泳社アカデミーを選ぶメリット!

2.技能試験の攻略方法とは?

技能試験の学習のポイントは、まずは候補問題を見て「複線図」を正確に描けるようにすることが重要です。電気回路を作成する基本作業については、整理して覚えるとそれほど多くはありません。とにかく実際に作業して覚えましょう。技能試験は、よく「時間との闘いである」と言われます。試験時間40分の間に問題を完成させなければ不合格となってしまいます。ですので、「複線図を正しく描くこと」「基本作業を効率良く素早く行うこと」技能試験攻略のカギです。基本作業ができるようになったら、候補問題を見て時間内に完璧に作成できるようにひたすら練習を繰り返しましょう。

◆候補問題13問の中からいずれか1題が出題される
毎年1月に、(一財)電気技術者試験センターのホームページでその年の試験の候補問題13問が公表され、試験当日はその中からいずれか1題が出題されます。事前に公開されるのは単線図のみで、ケーブルの長さや使用部材などの施工条件は試験当日まで明かされません。40分という試験時間内で狭い机の上での作業となりますので、ミスなく、効率良い作業を心がける必要があります。

◆技能試験の出題範囲一覧
技能試験は、ここに挙げられた単位作業について行われます。公表される候補問題も全てこの範囲内の作業のいずれかが含まれています。

1.電線の接続
2.配線工事
3.電気機器及び配線器具の設置
4.電気機器・配線器具並びに電気工事用の材料及び工具の使用方法
5.コード及びキャブタイヤケーブルの取付け
6.接地工事
7.電流、電圧、電力及び電気抵抗の測定
8.一般用電気工作物の検査
9.一般用電気工作物の故障箇所の修理

3. 必要な工具は自分で揃えよう

技能試験に最低限必要とされている指定工具は、スケール(布尺)、ドライバ(プラス/マイナス)、圧着ペンチ、ウォータポンププライヤ、ペンチ、ナイフです。この他に必要と感じるものがあれば、電動工具以外の全ての工具の持ち込みが認められています。指定工具はすべて自分で用意することになり、当日忘れても試験中に借りたりはできません。

指定工具の中で注意したいのは、圧着ペンチです。圧着ペンチは、「柄が黄色で、圧着マークが圧着部に表示されるもの(JIS C9711:1982・1990・1997適合品)」と厳密に指定されています。適合品でないものでは、リングスリーブに圧着マークが入らない場合があり、欠陥と判断されてしまいます。圧着ペンチには様々な種類があり、用途によって柄の色が違います。電気工事士試験で使うのは、リングスリーブ用の柄が黄色のものに限られますので、用意する際は必ず確認しましょう。

◆あると便利な工具 ワイヤーストリッパー・VVFストリッパー
技能試験で必須となるケーブル被覆のはぎ取り作業は、基本は電工ナイフで行いますが、ワイヤーストリッパーを使うと大幅に作業時間を短縮することができます。
また、VVFストリッパーは2芯、3芯のVVFケーブルの心線を同時にはぎ取れて便利です。
基本工具以外の工具も持ち込みできますので、このどちらかを用意する受験者が多いようです。ただし、ケーブルの心線を著しく損傷すると欠陥で不合格になりますので、どの工具を使うにしろ、十分な練習が必要でしょう。

公表された技能試験問題を練習するには、工具だけでなく、問題に合わせたネジやスイッチ、リングスリーブといった各種部品とケーブル類が必要になります。材料はホームセンターなどで販売していますが、入手しづらいものもあります。
翔泳社アカデミーの練習用部材セットは、その年度の候補問題に完全対応しているので、部材の過不足を心配せずに練習することができます。また、候補問題に対応した複線図と候補問題の作業ポイントを説明した試験攻略のための専用DVDも同梱されています。

4.欠陥の判断基準について

平成29年1月に(一財)電気技術者試験センターから公表された技能試験に係る「欠陥の判断基準」により、技能試験の欠陥の判断基準が変更になりました。欠陥が1つでもあれば不合格となります。

➡電気工事士技能試験に関わる「欠陥の判断基準」について

欠陥項目は必ず確認をしましょう。
欠陥の基準を知っておけば最初から気を付けて作業をすることができます。どの候補問題も基本作業を正しく覚えて、確実に完成できるように練習をすれば合格できます。
技能試験の候補問題をよく見れば、基本作業の組み合わせたものであることが理解できて、決して難しくないと思えるでしょう。

欠陥
全体共通部分 作業をしていない。完成していない。器具の付け忘れがある。
配線や器具の配置が単線図と違っているもの
接続や結線の間違い
単線図の寸法より大幅に短い(半分以下の)場合
取付枠を指定されたところ以外に使用したもの
支給された材料以外のものを使用した場合
ケーブル・ 電線の接続 電線の外装に横割れや 20mm 以上の縦割れがある場合
電線の絶縁被覆を 20mm 以上むきすぎているもの
絶縁被覆に心線が露出するほどの傷がある、または折り曲げると露出する傷がある。
指定された方法と違う方法で接続した場合
心線に 1/3 以上の深さの傷
圧着工具の刻印 (マーク) を間違った場合
絶縁被覆の上から圧着したもの
心線の差込みが不十分なもの (リングスリーブ・差込型コネクタ共通)
リングスリーブの本体を破損させたもの
器具への接続 接地側電線に白色以外の電線を使用したもの
心線をねじで締め付けているもの・ゆるんでいるもの
絶縁被覆をねじで締め付けているもの
心線が露出しているもの
(ランプレセプタクル・露出形コンセントでは 5mm 以上、引掛シーリングは1mm以上)
極性の間違い
ランプレセプタクルの台座に電線を通していないもの
その他 電線管に電線を通していないもの
ボックスと電線管を接続していないもの
ロックナットの付け忘れ
ボックスコネクタを使用していないもの
防護管を施さなかった場合・バインド線の付け忘れ
ケーブル・ 電線の接続 電線に重大欠陥にはならない程度の傷がついているもの
リングスリーブでの接続で、先端に10mm 以上心線がはみ出している場合
器具への接続 ランプレセプタクル・引掛シーリングの台座を欠いたもの
ランプレセプタクル・引掛シーリングで、ケーブルが台座の中まで入っていないもの
ランプレセプタクルの電線のねじ締めの誤り
(巻付け不足、重ね巻、左巻、先端が 5mm 以上はみ出している)
取付枠を裏返しで使用した場合・ゆるみのあるもの
器具を破損させたもの
その他 アウトレットボックスに余分な穴を開けたもの
ゴムブッシングの取付が不適切 (ただし、裏表の間違いは問わない)
金属管工事でねじを切っていないもの
ボックスと電線管の接続がゆるい・ロックナットの裏返し

▲TOPへ

第一種電気工事士 勉強方法

1.筆記試験の特徴とポイント

試験は、四肢択一のマークシート方式で例年60点を超えれば合格できることに着目しましょう。配点は全て2点で50問、試験時間は2時間20分です。科目ごとにおおよその出題数を把握して、自分の得意な科目を攻略していくと効率的です。
第一種は高圧受電設備の知識がポイントになるので、その基本構成や施工に関してはしっかりと押さえましょう。検査方法、発送電施設、保安に関する法令など「覚えればよい科目」は確実に得点できるようにしましょう。計算問題が苦手な人は、全て解けなくても合格できますので、基本をしっかりと理解してある程度の点数がとれればよしと考えましょう。
第一種電気工事士の問題は、過去に出された問題や類似した問題が多く出題されます。過去問題集の学習では、問題の正否だけでなくて、できなかった問題を覚えてしまうようにすると効果的です。

試験では、電気に関する基礎知識や電気工事の実務、法令についてなど、電気工事士として仕事をしていく上で必要となる知識について広く出題されますが、具体的には以下の9科目に分かれています。

1.電気に関する基礎理論
2.配電理論及び配線設計
3.電気応用
4.電気機器・蓄電池・配線器具・電気工事用の材料及び工具並びに受電設備
5.電気工事の施工方法
6.自家用電気工作物の検査方法
7.配線図
8.発電施設・送電施設及び変電施設の基礎的な構造及び特性
9.一般用電気工作物及び自家用電気工作物の保安に関する法令

➡効率よく勉強する戦略があります!第一種電気工事士のポイント!

2.技能試験の攻略方法とは?

第二種電気工事士の場合は、候補問題には施工条件などある程度開示されていましたが、第一種電気工事士の場合は、単線図のみでほとんど開示されていません。本番の試験で配線図、変圧器や開閉器の代用をするための端子台の説明や内部結線、ケーブル・電線の種類、施工条件がはじめて明かされます。そのため、本番の試験においては作業そのものの難易度よりも「内容を読み取る力」がもっとも重要なポイントとなります。市販で候補問題解説の書籍が出版されていますが、あくまで想定された解答となります。
実際の作業については、高圧に係わる部分が対応できることは必要ですが、特に難易度が高いわけではありません。
一番の対策は、実際の試験問題でテーマとなるところについて内容をしっかりと読み取れるようにして、複線図を描けるようにしておくことです。公表される候補問題にとらわれすぎずに、テーマとなりそうなポイントをしっかりと学習しておきましょう。

◆候補問題10題の中からいずれか1題が出題される
毎年4月頃に(一財)電気技術者試験センターより、試験の候補問題が発表されます。候補問題は10問公表され、試験当日はその中からいずれか1題が出題されます。事前に公表されるのは単線図のみなので、工事種別(ケーブル工事や電線管工事など)、ケーブル長、使用部材などの施工条件は試験当日まで明かされません
技能試験は60分という制限時間内で、狭い机の上での作業になりますので、ミスなく効率的な作業を心がける必要があります。なお、試験問題と解答は試験終了後に(一財)電気技術者試験センターのホームページで公開されます。

◆「内容を読み取る力」が一番のポイント
第二種電気工事士の場合は、候補問題には施工条件などある程度開示されていましたが、第一種電気工事士の場合は単線図のみで開示されていません。本番の試験で配線図、変圧器や開閉器の代用をするための端子台の説明や内部結線、ケーブル・電線の種類、施工条件がはじめて明かされます。そのため、本番の試験においては作業そのものの難易度よりも、「内容を読み取る力」がポイントになります。市販で候補問題解説の書籍が出版されていますが、諸条件を想定したものにすぎません。公表される候補問題にとらわれすぎず、テーマとなりそうなポイントをしっかりと学習することが重要です。

3.欠陥の判断基準について

平成29年1月に(一財)電気技術者試験センターから公表された技能試験に係る「欠陥の判断基準」により、技能試験の欠陥の判断基準が変更になりました。
これまで、A、B、C欠陥の3つの種類に分類されており、その組み合わせと欠陥数によって合否が判定されていました。しかし、今後はその分類分けがなくなり、試験センターが公表している「欠陥の判断基準」に該当すると不合格になります。欠陥は1つもないように心がけましょう。詳しくは、(一財)電気技術者試験センターのホームページ、「第一種・第二種電気工事士の技能試験に係る「欠陥の判断基準」の公開について」をご確認ください。

➡電気工事士技能試験に関わる「欠陥の判断基準」について

▲TOPへ

資料請求はこちら【無料】!
受講お申込み【第二種総合】
閉じる
第二種電気工事士
第一種電気工事士
電気工事士とは
お支払い方法