第一種電気工事士 勉強方法

第一種電気工事士 勉強方法

第二種電気工事士が600ボルト以下で受電する小規模店舗や一般の住宅における電気工事です。それに対して、第一種電気工事士は600ボルトを越える(但し最大電力 500キロワット未満)工場・ビル・集合住宅などの電気工事をする資格です。簡単に言うと、第二種の範囲は「低圧まで」、第一種の範囲を「高圧も」ということとなります。そのため、第一種電気工事士の試験の大きなテーマは「高圧受電設備」についてということとなります。

1.筆記試験の特徴は?
2.技能試験の攻略法
3.欠陥の判断基準について

1.第一種電気工事士 筆記試験の特徴は?

試験は、四肢択一のマークシート方式で配点は全て2点で50問、例年60点を超えれば合格です。ただし、試験時間は2時間20分です。科目ごとにおおよその出題数を把握して、自分の得意な科目を攻略していくと効率的です。

第一種電気工事士は高圧受電設備の知識がポイントになるので、その基本構成や施工に関してはしっかりと押さえましょう。検査方法、発送電施設、保安に関する法令など「覚えればよい分野」は確実に得点できるようにしましょう。計算問題が苦手な人は、全て解けなくても合格できますので、基本をしっかりと理解してある程度の点数がとれればよしと考えましょう。尚、高圧に関わる分野の問題自体の難易度はあまり高くないので、落ち着いて取り組みましょう。
第一種電気工事士についても、過去に出された問題や類似した問題が多く出題されます。過去問題集の学習では、問題の正否だけでなくて、できなかった問題を覚えてしまうようにすると効果的です。

第一種電気工事士を受ける方は、通常二種電工の範囲を学習しています。そのため、第一種電気工事士の筆記対策はポイント学習が効率がよいと考えます。翔泳社アカデミーの講座は、テキストは「筆記試験の要点整理 でるとこだけ!」をベースにその著者である早川義晴先生の生講義で学習しますから、とても効率的に進めることができます。
参考:効率よく勉強する戦略があります!第一種電気工事士のポイント!

2.第一種電気工事士 技能試験の攻略法

■ 候補問題10題の中からいずれか1題が出題されるが・・・

毎年4月頃に(一財)電気技術者試験センターより、試験の候補問題が発表されます。候補問題は10問程度公表され、試験当日はその中からいずれか1題が出題されます。しかし、第二種電気工事士の場合は、候補問題には電線の種類などある程度開示されていましたが、第一種電気工事士の場合は、単線図のみでほとんど開示されていません。本番の試験で配線図、変圧器や開閉器の代用をするための端子台の説明や内部結線、ケーブル・電線の種類・長さ、施工条件がはじめて明かされます。そのため「候補問題の丸暗記」はできません。使用部材などが違えば複線図の描き方も変わります。市販で候補問題解説の書籍が出版されていますが、あくまで想定された解答となることを理解しておきましょう。
技能試験は60分という制限時間内で、狭い机の上での作業になりますので、ミスなく効率的な作業を心がける必要があります。

■ 合格に一番必要なのは「内容を読み取る力」

作業そのものの難易度は特に高くありません。第一種で扱う高圧の器具や電線が少し加わるだけです。(上記写真参照) 大事なことは、試験問題を読んでその条件通りの複線図を描けることです。「内容を読み取る力」がポイントになります。公表される候補問題にとらわれすぎず、テーマとなりそうなポイントをしっかりと学習することが重要です。
第一種電気工事士の技能試験は、高圧がテーマの工事、低圧がテーマの工事等、出題テーマが約14パターンに整理することができます。翔泳社アカデミーにおける講座の技能対策は、早川義晴先生自ら出題テーマを14に分解し、その組み合わせパターンにより問題を読み解いていくのが特徴です。

参考:翔泳社アカデミーの第一種電気工事士技能試験対策とは?

3.欠陥の判断基準について

平成29年1月に(一財)電気技術者試験センターから公表された技能試験に係る「欠陥の判断基準」により、技能試験の欠陥の判断基準が変更になりました。
これまで、A、B、C欠陥の3つの種類に分類されており、その組み合わせと欠陥数によって合否が判定されていました。しかし、今後はその分類分けがなくなり、試験センターが公表している「欠陥の判断基準」に該当すると不合格になります。欠陥は1つもないように心がけましょう。詳しくは、(一財)電気技術者試験センターのホームページ、「第一種・第二種電気工事士の技能試験に係る「欠陥の判断基準」の公開について」をご確認ください。

参考:電気工事士技能試験に関わる「欠陥の判断基準」について

▲TOPへ

受講お申込み【第二種総合】
閉じる
第二種電気工事士
第一種電気工事士
電気工事士とは
お支払い方法