受講お申し込み 受講お申し込み
1st GRADE

第一種電気工事士講座

第一種電気工事士講座 3つの特徴

Point1生活スタイルに合わせた学習プランが立てられる

翔泳社アカデミーの第一種電気工事士講座は、出題ポイントを押さえることで、ムダを省き、効率よくスピーディに学習が進みます。
4ヶ月で合格を目指す標準ステップでは、まずは1ヶ月、講義で筆記対策の基礎学習で要点を把握。2ヶ月間で実際に筆記問題を解きながら理解し、最後の1ヶ月で技能対策として、出題テーマの理解と読み解く力を強化し、実際に施工ができるように作業を練習します。

あなたに合った学習プランを提案。初心者でも最短合格!
ココを比べてください!
  • ナビゲーションブックでポイントがすぐにわかる

    合格者からも好評のナビゲーションブック。試験の知識だけでなく、出題テーマの頻度や難易度などが整理されています。出題頻度を知ることで、学習のポイントが把握できます。

  • ライブ講義は資格対策のエキスパートが担当

    多数の電気工事士資格の対策書を出版している早川先生が講義を担当。わかりやすい講義を繰り返し視聴することで、合格に近づきます。

Point2「14テーマ式」で技能試験を攻略

毎年発表される候補問題は単線図のみ。正確な寸法・施工種別・施工条件は試験本番ではじめてわかります。しかし候補問題をすべて暗記していては、時間も手間もかかってしまいます。
本講座では、受電・動力・電灯・コンセント設備の出題テーマを14項目に分解し、その組み合わせパターンを学習することで、ポイントを押さえた効率的な演習ができます。

ココを比べてください!
  • 部材セットがついているから、追加であれこれ揃える必要なし!

    14テーマ式完全攻略技能対策専用に製作した器具・電線のオリジナルセットが講座についてくるので、すぐに試験の練習がはじめられます。

  • テキストとライブ講義で理解力アップ

    攻略法がマスターできるテキストと早川先生によるライブ講義で出題テーマがしっかり理解できるので、はじめて勉強する方も本番での対応力が身に付きます。

はじめての方でも時間内に施工できる技能対策 はじめての方でも時間内に施工できる技能対策

Point3回数制限なしのサポート体制

翔泳社アカデミーでは、電気工事士取得スタッフによる充実した学習サポート体制を整えています。
ご質問はメール・FAX・郵便でお送りください。回数制限もありませんので、受講期間中は確実に理解できるまで何度でも質問できます。

※候補問題の作品の添削は行っておりません。ご了承ください。

回数制限なしのサポート体制回数制限なしのサポート体制

講師プロフィール 早川 義晴先生

『出題テーマを理解すると、どんな形式で出題されても合格できる』

『出題テーマを理解すると、どんな形式で出題されても合格できる』『出題テーマを理解すると、どんな形式で出題されても合格できる』

第一種電気工事士の合格のコツは、出題範囲をしっかりと理解することがポイントです。
筆記試験では、過去と同じ問題が出題されますが、少し変えて出題されることもあります。過去問題を中心に問題で問われていることをしっかりと理解するようにしましょう。
技能試験では、毎年公表される候補問題を暗記して覚えるより、どんな問題が出題されても対応できるように14の出題テーマで基本を理解して、演習するのがおすすめです。
試験の特徴を理解して、対策をすれば、どなたでも合格することができる資格です。第一種電気工事士短期合格特別講座で短期合格を目指しましょう。

【経歴】
東京電機大学電子工学科卒業
日本電子専門学校電気工学科教員を経て、現在同校講師及び当講座専任講師

【著書】
電気教科書 電験三種合格ガイド 第3版(翔泳社刊)
電気教科書 電験三種 出るとこだけ!専門用語・公式・法規の要点整理 第3版(翔泳社刊)
電気教科書 第一種電気工事士[筆記試験] はじめての人でも受かる!テキスト&問題集 2019年版(翔泳社刊)
電気教科書 第一種電気工事士 出るとこだけ!筆記試験の要点整理(翔泳社刊)
電気教科書 第一種電気工事士[筆記試験]合格ガイド 第2版(翔泳社刊)
電気教科書 第一種電気工事士 出るとこだけ! 筆記試験の要点整理(翔泳社刊)
電験三種 やさしく学ぶ理論(改訂2版) (オーム社刊)
電験三種 やさしく学ぶ電力(改訂2版) (オーム社刊)
電気回路 1 直流・交流回路編 (専修学校教科書シリーズ 1) (コロナ社刊)