第一種電気工事士短期合格特別講座

短期間に効率よく合格できる講座とは?

第一種はポイントを理解して、短期合格しましょう!

第一種電気工事士のテーマは「高圧」です。しかし、重要なポイントさえ押さえることができれば、短期で対策ができます。早川先生のライブ講義で効率的に短期合格を目指しましょう。

● 教材内容
1.出題頻度で学習ポイントを確認
2.早川先生の「出題頻度順 要点攻略」
3.早川先生の「14テーマ式 完全攻略技能対策」
4.オリジナル部材セットで演習
5.質問について

● 自分に合った学習スケジュール
● 第二種電気工事士講座の担当講師

第一種電気工事士講座の教材内容

出題頻度で学習ポイントを確認
【筆記試験】ナビゲーションブックで効率のよい学習方法をつかむ

電気工事士の一種において二種との違いは、「高圧受電設備の知識と施工技術」を習得することです。
ナビゲーションブックには試験の知識だけでなく、出題テーマの頻度難易度などが整理されています。出題頻度を知ることで、学習のポイントも把握できます。

 

効率学習の極み
【筆記対策】早川先生の「出題頻度順 要点攻略」

第一種電気工事士を短期で学習するために、テキストを「出るとこだけ!要点整理」に採用しました。本書は、試験の重要ポイントをコンパクトにまとめられているので効率よまとめられています。しかも著者である人気カリスマ講師の早川先生がライブ講義をいたします。
 

〔サンプル映像〕
▼クリックすると実際の映像を視聴できます▼

 
補強教材は、理解を深めたいとこの参考書として「第一種電気工事士[筆記試験]合格ガイド」、最後の仕上げとして「模擬問題集」を用意しています。「模擬問題集」は、ていねいな解答と解説により、出題される確率の高い類似問題の対策に最適です。

技能試験の出題ポイントを掴む
【技能対策】早川先生の「14テーマ式 完全攻略技能対策」

毎年発表される公表問題は、単線図のみです。正確な寸法・施工種別・施工条件は試験本番ではじめてわかります。そのため、電気工事士一種の技能試験ですから、二種の試験のようにはいきません。しかし、出題されているテーマは14種類に分解し、その組み合わせパターンを学習していくことは可能です。

早川先生の「14テーマ式 完全攻略技能対策」で技能対策をすれば万全です。出題テーマをひとつひとつ確実に理解することが1番の技能試験対策となるのです。

「14テーマ」の演習
【技能対策】オリジナル技能試験練習用部材セットで演習

第一種電気工事士の技能試験は、高圧部品の取り扱いさえ覚えれば、第二種のレベルと変わりません。テキストとライブ講義を組み合わせて学習することで、より理解力がアップします。出題テーマのひとつひとつを確実に理解をし、繰り返し演習をしましょう。
練習用部材セットは、14テーマに合わせて製作したオリジナルセットは、試験に必要なものは最初から揃っています。

〔サンプル映像〕
▼クリックすると実際の映像を視聴できます▼

質問も受け付けOK!
サポートスタッフがお答えいたします。

受講期間中にわからないことがあれば、専用の質問シートで質問をすることができます。
※郵送・メール(FAX可)で受け付けております。

自分に合った学習スケジュールを立てる

翔泳社アカデミーの第一種電気工事士短期合格特別講座の効果的な学習スケジュールをご紹介します。
第一種電気工事士の試験は、ポイントを押さえることで、ムダを省き、効率よくスピーディに学習が進みます。そのために基本テキストを「出るとこだけ!要点整理」として、「出題頻度順 要点攻略」で習得していくことができます。技能試験は、毎年の公表問題を丸暗記することではなく、「14テーマ式 完全攻略技能対策」で基本的なミスをしないで試験対策を短期に実現出来るようにしています。
「第一種電気工事士 短期合格特別講座」の学習は、筆記試験対策3ヶ月技能試験対策1ヶ月以内の短期合格を目指しています。生活スタイルに合わせた学習スケジュールを自分自身で立てる事が大切です。

基礎学習(筆記対策)

「第一種電気工事士筆記試験の要点整理」「筆記対策ライブ講義DVD」で出題ポイントに絞り込んだ学習をします。DVDの特徴を生かして、繰り返し何回も受講しましょう。3回の添削問題や質問サービスも活用します。

覚えながら理解する(筆記対策)

わかりにくいところは、「第一種電気工事士 [筆記試験] 合格ガイド」を使ってじっくりと理解を深めましょう。「第一種電気工事士筆記試験の要点整理」に付いている問題を解きながら、覚えていきます。第一種電気工事士の筆記試験は、過去問題や類似した問題の出題が多い試験です。確実に覚えていくことが重要です。仕上げに「模擬問題集」を使いましょう!

「14テーマ式」で理解する(技能対策)

「技能試験合格マスターブック」「技能対策ライブ講義DVD」「14テーマ式 完全攻略技能対策」の内容を理解します。第一種電気工事士の技能試験は、出題テーマの理解と読み解く力が一番重要です。「第一種電工試験 練習用部材セット」で、「技能試験合格マスターブック」の内容を演習します。

見事合格!おめでとうございます!

第一種電気工事士短期合格特別講座の担当講師

第一種電気工事士短期合格特別講座
担当講師:早川 義晴 (はやかわ よしはる)

第二種電気工事士短期合格特別講座 担当講師:早川 義晴 (はやかわ よしはる)
第一種電気工事士は、早く合格するためには、出題ポイントを掴んで学習をすることが重要です。
第一種電気工事士短期合格特別講座で出題されるところをしっかりと学習しましょう。
筆記試験は、第一種においても、過去問題、類似問題の出題が多いのが特徴です。覚えるべきところをとにかく覚えてしまうことがポイントです。
技能試験は、第一種も毎年4月に出題される候補問題が公表されます。しかし、正確な寸法、施工種別、施工条件等は提示されていません。そのために、むやみに候補問題を暗記するのではなくて、試験範囲の出題テーマを理解して、テーマごとに演習することが技能試験の一番の対策となります。
試験の特徴を理解して受験すれば、誰にでも短期間で合格することができます。

講師プロフィール

東京電機大学電子工学科卒業。日本電子専門学校電気工学科教員を経て、現在同校講師。
著書:「電気教科書 第二種電気工事士[筆記試験]合格ガイド(翔泳社/共著)、「電気教科書 電験三種合格ガイド(翔泳社)、「電験三種 よくわかる理論(オーム社)、「電験三種 よくわかる機械(オーム社/共著)、「(専修学校教科書シリーズ1)電気回路(1)直流・交流回路編」(コロナ社/共著) 他。

▲TOPへ

資料請求はこちら【無料】!
受講お申込み【第二種総合】
閉じる
第二種電気工事士
第一種電気工事士
電気工事士とは
お支払い方法