みんなの電気工事士 ブログ

第一種電気工事士と第二種電気工事士の筆記試験って何が違うの?

こんにちは。
翔泳社アカデミーの電工女子です♪

第二種電気工事士を取得して早数ヶ月…ステップアップして次は第一種電気工事士の合格を目指そう(っ`・ω・´)!!!と意気込みましたが、

「第一種電気工事士の筆記試験と第二種電気工事士の筆記試験って何が違うの?」
「やっぱり難易度も高くなるよね…」
と、勉強をする前から不安になりました。
なので、しっかり調べました(´-`).。oO(先輩たちにも聞きこみました)

今回は、「第一種電気工事士と第二種電気工事士の筆記試験の違い」について、第二種電気工事士をすでに取得している私の目線で、お話していきます。
第一種電気工事士と第二種電気工事士の筆記試験違いについて理解しながら、第二種電気工事士で勉強したことをうまく活用して、合格を目指しましょう!!

第二種電気工事士を取得済みの人向け>効率的な第一種電気工事士の筆記試験勉強方法

1.第一種電気工事士を持っているとできること

まず、第二種電気工事士の復習ですが、低圧(600ボルト以下)の電圧で受電している一般用電気工作物の工事を行うことができます。
具体的に言うと、一軒家や小規模な店舗などで工事が行えます。
第一種電気工事士を取得すると、一般用電気工作物だけではなく、最大電力が500〔kW〕の自家用電気工作物も行うことができるようになります。
具体的に、工場やビル等のように電力会社から受電を受ける施設などで工事ができます。
このように、第一種電気工事士を取得すると、第二種電気工事士より従事できる範囲が広くなるため、試験自体も出題される範囲が広くなり、難易度も上がります。
どういう意味で出題範囲が広くなり、難易度が上がるのか、しっかり確認していきましょう!

2.筆記試験の試験概要はほとんど同じ

「第一種電気工事士だと計算問題の割合が多くなる?」
「第二種電気工事士からステップアップだから記述式の問題が出題されるとか?」
と私の脳内では、色々な不安要素が浮かびました(´・ω・)
ですが筆記試験の試験概要自体は、第一種電気工事士も第二種電気工事士もほとんど同じです!
では、第一種電気工事士の筆記試験の仕組みを確認していきましょう。

◆第一種電気工事士筆記試験の仕組み
・合格点  60点(100点満点中)
・配点   1問2点
・問題数 50問
・解答方法 四肢択一のマークシート方式
・特徴
①過去問題・類似問題の出題が多い
②暗記問題約80点、計算問題約20点出題される
③第二種電気工事士の範囲も出題される
試験時間 2時間20分(実際は1時間くらいで解き終わっている人が多い!)
※詳細は(一財)電気技術者試験センターのHPをご確認ください

第二種電気工事士との違いは、試験時間が少し長くなるという点です。
第二種電気工事士と同様に、第一種電気工事士の筆記試験は100点満点中60点得点すると合格で、暗記問題が約80点、計算問題約20点出題されます。
なので、全部勉強する必要はなく、暗記問題だけでも合格点の60点を得点することができます(´-`).。oO(これは第二種電気工事士と一緒だね~)
また、第二種電気工事士で学習した範囲も、第一種電気工事士の試験範囲に含まれます。
新しく学習される箇所からしっかり対策をすれば効率的ですよね◎

関連する記事はこちら>第一種電気工事士の合格率の推移

3.筆記試験の難易度の違い

筆記試験で出題される問題の難易度の違いですが、過去問を例にいくつか説明します(´▽`)
まず1つ目は、問題の出題形式についてです。
実際に、第一種電気工事士の筆記試験で下記のような問題が出題されました。

過去問①

過去問②

過去問①は、「この図の名前は何ですか?」というような、本当に単純に暗記すればいいだけの問題です。
過去問②は、「この文章の中から、誤っているものはどれですか?」というような、ルールを暗記して答えるような問題です。
どちらの問題の方がカンタンに解けそうかというと、過去問①ですよね(´ー`)
第二種電気工事士の筆記試験は、このカンタンに解けそうな過去問①のような問題が多く出題されますが、第一種電気工事士の場合、過去問①のような問題は少なく、過去問②のような問題が多く出題されます。

次に、出題される問題の見た目についてです。
下記は、第二種電気工事士で出題された図を見て答えるような問題です。

過去問③

見てわかる通り、第二種電気工事士では色付きのカラー問題です。
ですが、第一種電気工事士になると、過去問①のように白黒で問題が出題されます!
カラーだと色のイメージで暗記しやすいですが、第一種電気工事士ではそうはいきません。
なので、しっかり器具など覚える必要があります(*゚ー゚*)

一部ではありますが、こういった理由で、難易度が上がると言われています。
ですが、過去問②も暗記問題には変わりないので、しっかり暗記をすれば問題ないですよ。

関連する記事はこちら>第一種電気工事士の過去問題

4.第一種電気工事士に合格するために

第一種電気工事士と第二種電気工事士の違いや試験の仕組みを、理解できたと思います。
第一種電気工事士の試験は、年に1度の試験なので、確実に合格を目指したいですよね!!
翔泳社アカデミーの通信講座なら、出題頻度が高くて、難易度が低い出題テーマから学習できるように整理されています。
また、動画で解説しているのでわかりやすいですよヽ(´▽`)/
もちろん私も、弊社の通信講座で勉強をスタートします。
みなさんも、合格に向けて一緒に頑張りませんか?

カテゴリー: ブログ
受講お申込み
閉じる
第二種電気工事士講座
第一種電気工事士講座
電気工事士とは
お申込みと費用