みんなの電気工事士 ブログ

令和3年度(2021年度)の第二種電気工事士試験申し込みの流れ

第二種電気工事士の受験申し込みをするとき、まず初めにしないといけないことは、受験案内を確認することです。
受験案内の表紙には、「申込みをされた場合は受験案内に記載されたすべての事項に同意したとみなします」と書かれています。
受験案内は、(一財)電気技術者試験センターのHPより確認できるので、「受験申し込みがきちんとできていなかった゚゚(´O`)°゚」」ということが起きないように、しっかり確認しましょうね♪

では、令和3年度の第二種電気工事士受験申し込み方法について、説明します!

1.受験申し込み方法

第二種電気工事士の受験申し込み方法は、インターネットによる申し込みと書面による申し込みの2つがあります。
どちらの申し込み方法でも可能ですが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、インターネットによる申し込みが推奨されています◎

①インターネットによる申し込み

(一財)電気技術者試験センターより発表があった通り、令和3年度の第二種電気工事士試験より、インターネット申込画面がリニューアルされ、マイページができました。
マイページでは、試験申込状況の確認ができます。
また、申し込みの際に、マイページ上で写真の提出を行わなければいけません。
なのでまずは、マイページの作成を行いましょうヽ(´▽`)/

(一財)電気技術者試験センターのHPを検索すると、下記のような画面が出てきました。※2021年3月15日現在

この「作成はこちらをクリックしてください」をクリックしてみると…下記のような画面が出てきます。

もちろん私は、今年度アカウント作成はしていないので、個人申込の「新規登録(初めての方)」を、クリックしました。
すると下記の画面が出ました。

マイページアカウント作成に関して、詳細が表示されます。
下まで読んでいくと、「マイページ作成のみでは、申込はできておりません」など注意点があるので、内容をきちんと確認して、「同意する」にチェックを入れます。
すると、下記の画面が出ます。

この画面で、IDとパスワードの作成、個人情報の入力を行います。
パスワード作成の注意点として、半角英数字及び記号を含む、10文字以上20文字以下で入力する必要があります。
また、4種類(ABCなどの英大文字、abcなどの英小文字、123などの数字、@?+などの記号)を組み合わせないといけません。
IDやパスワードは、マイページのログインに必要になるので、忘れないようにメモしておきましょう。
項目を下まで入力すると、「確認画面へ」が出てくるのでクリックします。
すると、入力した内容を確認する画面が出てきます。

入力した情報を確認して、「登録する」をクリックするとマイページの作成が完了です(*゚ー゚*)
次は、申込みをします。

マイページのトップ画面は上記のようになっています。
左上にある「試験申込」をクリックすると…

試験申込のページが出てきます。
下の方を見ていくと、「お申し込み」の表示があるので、クリックします。
すると、「受験案内の内容を確認してください。申込を行った場合、受験案内に同意したとみなします。受験案内についてはこちらからダウンロードしてください。」という留意事項が出てきます。

万が一、まだ受験案内を確認していない人がいたら、必ず確認してください。
きちんと確認できていれば、「同意する」をクリックします。
すると、下記の入力画面が出てきます。

1~3までの項目を入力し、4と5の登録内容を確認しなければいけません。
具体的に、下記のような項目の入力と登録内容の確認です。

①試験を選択(試験種別の選択、アンケート入力、試験地の選択、顔写真の登録)
②援助措置申請を選択
③住所を入力
④メールアドレスを確認
⑤登録情報を確認

まずは、「①試験を選択」を行います。

「選択する」をクリックすると…

試験種別の選択です。
筆記試験から受験するか、筆記試験の免除者なのかを選択します。
「筆記試験受験者」を選択し、下にある「次へ」をクリックすると…

アンケート入力です。
アンケートの登録を「する」か「しない」かを選択できます。
今回は、アンケートの登録を行い、「次へ」をクリックします。
次の画面は、試験地の選択です。

筆記試験と技能試験の両方の試験地を、選択します。
下にある「次へ」をクリックすると…

顔写真の登録です。
試験当日、会場で受験者本人であることを顔写真と照合して確認するそうです。
顔写真の要件を満たすものをアップロードするように、注意しましょう。

顔写真の要件
・申請者本人のみを撮影したもの
・正面、無帽、無背景、マスクを外してあること
・鮮明であること(焦点が合っていること)
・明るさやコントラストが適切であること
・影のないもの
・顔の縦の長さは、写真縦の長さの70~80%であること
・背景と人物の境目がはっきりしていること
・眼鏡のレンズに光が反射していないこと
・前髪などにより、目などの顔の器官や輪郭が隠れていないこと
・申込前6ヶ月以内に撮影したもの

ここまで登録したら、「①試験を選択」は完了です。
次は、「②援助措置申請を選択」です。
身体に障害等があり、試験の際に援助等必要な方や、外国の方等で試験の援助を受けたい方は、希望欄に「あり」と選択し、申込後、援助内容や理由を入力することができます。

次は、「③住所を入力」です。

「入力する」をクリックすると…

住所の入力画面です。
入力し、「確定」をクリックします。
すると、下の方に「支払方法の選択」が出てくるので、クリックします。
次は、支払方法の選択です。

各支払い方法(クレジットカード、コンビニ/Pay-easy、銀行振込)の流れと注意点が記載されているので、しっかり確認し、支払いの手続きを行います。
受験手数料の9,300円と、支払方法によっては事務手数料も発生するので確認しましょう。
「申込完了」のボタンをクリック後、完了画面が表示されます。

詳細は、(一財)電気技術者試験センターのHPをご確認ください。

②書面による申し込み

書面による申し込みの場合、「受験申込書」と「払込取扱票」が同梱された受験案内を入手する必要があります。
入手方法は、送料分の金額切手(210円)を貼った返信用封筒(角2封筒)を、試験センター本部事務局へ郵送することで、(一財)電気技術者試験センターより受験案内が送付されます。
その際、返送先の郵便番号・住所・氏名・電話番号と、「第二種電気工事士上期試験受験案内 請求」と朱書きして郵送しなければいけません(´-`).。oO(少し手間だな…)
また、受験申し込み受付期間の終了間際に請求すると、みなさんのお手元に届くのがギリギリになるかもしれないので、希望の方は早めに郵送しましょう。

受験案内がお手元に届いたら、受験案内に同封された「受験申込書」と「払込取扱票」に必要事項を記入します。
また、試験申し込みには、顔写真の登録が必要です。
郵便局(ゆうちょ銀行)の窓口で払込取扱票により受験手数料の9,600円を納付し、受験申込書を郵便局より投函することにより申し込みが完了です。
詳細は、(一財)電気技術者試験センターのHPをご確認ください。

2.受験申し込み期間

受験申し込み受付期間は、下記の通りです。

【上期試験】
3月22日(月)~4月8日(木)
【下期試験】
8月16日(月)~9月2日(木)

インターネットによる申し込みの場合は、受験申し込み期間の最終日の午後5時までとなっています。
また、書面による申し込みの場合は、受験申し込み期間の最終日の郵便局(ゆうちょ銀行)の消印有効となっています。
この期間までに、受験申し込みを完了しなければ、上期または下期での受験ができません。
お伝えしました通り、受験申込みをする際に、写真が必要になります。
なので、事前に写真の準備をしっかり行い、申し込み期間のギリギリでドタバタしないようにしましょう(`・ω・´)

3.試験地の選択

申し込みの際に、47都道府県の中から試験地の選択をすることができます。
選択できるのは試験地までで、試験会場までは指定できません。
試験の2週間前くらいに、受験票が発送されるので、そのタイミングで試験会場名・住所・交通手段など確認することができます。

4.第二種電気工事士の合格を目指す!

受験申し込み期間内に、申し込みをきちんと完了しないと、第二種電気工事士の試験すら受験することができません。
なので、受験案内を必ず確認をして、早く申し込みの準備を行うことが大切です(っ`・ω・´)
そして、受験申し込みが完了したら、第二種電気工事士の勉強です!
電気初心者で数学が苦手な私は、もちろん弊社の通信講座で合格できました。
先生が動画で解説してくれているので、安心して学習できたのと、私の得意分野に合わせて効率的に合格点を目指せたのでよかったです。
みなさんも、第二種電気工事士の受験申し込みをしっかりして、合格を目指しましょうp(*^-^*)q

カテゴリー: ブログ
受講お申込み
閉じる
第二種電気工事士講座
第一種電気工事士講座
電気工事士とは
お申込みと費用