みんなの電気工事士 ブログ

第二種電気工事士に合格してDIYを楽しもう!

最近、自宅でDIYを楽しんでいる人が増えてきています。
本棚や収納BOX、電気を扱わないDIYだと問題ないのですが、コンセントやスイッチ、エアコンなどをDIYする場合、「第二種電気工事士」の資格が必要になります。
もし、電気工事士を取得していない状態でDIYをすれば、火災や感電事故が生じる危険性があり、法律で罰せられる可能性があります(;´・ω・)
今回は、第二種電気工事士を取得するとできるDIYの例とともに、第二種電気工事士に合格するポイントなどまとめました。
まずは「第二種電気工事士」をきちんと取得し、その上でDIYを楽しみましょうヽ(´▽`)/

1.第二種電気工事士を取得すればできるDIY例

まず、「第二種電気工事士」は、戸建ての家や小規模な店舗など、600ボルト以下で受電する設備の工事を行える資格です(´ー`)
屋内の電気配線工事、コンセントの設置工事等を行うことが可能です。
下記が、具体的な工事例です。

■コンセント
差し口数を増やしたり、コンセント自体を新しく設置したりすることができます。そうすることで使用したい場所で、電気を使うことができます。

■スイッチ
3路スイッチにすることができます。3路スイッチとは、2箇所のスイッチで1つの照明をつけたり消したりすることができるため、階段でよく使用されています。
1階と2階にスイッチがあり、階段の照明をどちらのスイッチでも消すことができます。

■照明器具
天井や壁面に照明器具を配線接続すること、蛍光灯照明からLED照明への交換すること、照明用引掛シーリングの設置をすることなどできます。

上記以外にも、エアコンの設置、ネットなどの通信設備の接続、インターホンの配線接続、防犯カメラの設置など、第二種電気工事士を取得すれば行うことができます。

2.第二種電気工事士は誰でも受験できる資格

受験資格はなく、受験申し込みをすれば誰でも受験できる国家資格です(*゚ー゚*)
誰でも受験することが可能なので、正しい勉強方法さえすれば、初心者であっても合格できます。
また、資格者手当が出る会社も多いようなので、現場で経験を積み、収入アップに直結する人気の資格です。独立開業ができるため、実務経験を重ねたあと、独立される方も多いようです。

3.第二種電気工事士は筆記と技能の試験がある

「筆記」と「技能」の試験があり、両方に合格すれば、第二種電気工事士を取得することができます。

■筆記試験に合格するポイント
筆記試験は、50問出題され1問2点の配点で100点満点です。
まず1つ目のポイントが、100点満点中、60点を取れば合格ということです!!
60点で合格なので、すべてを勉強する必要もなく、出題頻度の高い問題から学習しましょう♪
また、四肢選択のマークシート方式なので、もしわからない箇所があったとしても塗りつぶしさえすれば正解する可能性もあります(笑)
制限時間は2時間ですが、1時間も経たないうちに解き終える人がほとんどです。
2つ目のポイントは、「暗記問題」:「計算問題」=8:2の割合で出題されるということです!!
筆記試験は、大きく「暗記問題」と「計算問題」の2パターンがあり、初心者で計算が苦手な方でも、暗記問題だけで合格点を超えることができるのです。
まずは、「暗記問題」から学習していきましょう(((゚ー゚*)(*゚ー゚)))

■技能試験に合格するポイント
技能試験は、工具を用いて実技を行い試験です。
試験問題は、毎年1月になると、(一財)電気技術者試験センターより候補問題が13問公表されます。
1つ目のポイントは、その13問の候補問題の中から、必ず1問出題されるということです!!
事前に試験問題がわかっているので、13問分しっかり練習をすれば合格できます。
試験時間は、40分ですが、ここで2つ目のポイントです(っ`・ω・´)
技能試験に落ちる人の多くは、「試験時間の40分以内に間に合わなかった」と言います。
これは練習不足が原因です。
制限時間の40分以内に完成させる練習を13問分しっかり行いましょう!!

4.初心者でも第二種電気工事士に合格できる勉強方法

DIYを楽しむために、第二種電気工事士の情報をお伝えしました。
では、どのような学習をすれば合格できるのでしょうか?
本屋さんの参考書だと、文字ばっかりだったり分厚かったり、少し難しそうですよね。
図が入っている参考書でも、どこから学習すればいいのかわかりにくいという声も聞いたことがあります。゚(゚´ω`゚)゚。
翔泳社アカデミーの『第二種電気工事士短期合格特別講座』では、テキスト自体が仕分けされており、優先順位をつけて学習することができます。
講師が解説している動画もついているので、わかりやすいですよねp(*^-^*)q
しかも、e-ラーニングも選べるので、通勤時間などの隙間時間など、効率的に学習できます!
また、その年の候補問題に対応した技能試験の練習用部材が一式入っているので、技能試験対策は安心です(´-`).。o(自分で部材を揃える手間も省くことができるね~)
みなさんも、第二種電気工事士を取得してDIYを楽しくしませんか?

カテゴリー: ブログ
受講お申込み
閉じる
第二種電気工事士講座
第一種電気工事士講座
電気工事士とは
お申込みと費用