みんなの電気工事士 ブログ

電気初心者でもわかる!第二種電気工事士の最新試験情報

こんにちは。文系で電気初心者だった電工女子です(*^^*)
今は、第二種電気工事士を取得していますが、つい最近まで、電気工事士という資格すら聞いたこともありませんでした(笑)
そんな私が今回、初心者でもわかるように、必ず押さえておきたい第二種電気工事士の最新試験情報について、まとめてみました。
次の第二種電気工事士の試験に向けて、情報収集している方も多いのではないでしょうか?
初心者でも合格できます!試験に向けて、頑張りましょう~!

1. 初心者でもわかる電気工事士とは?

電気工事士とは、みなさんの家や店、そして職場の工場などで、電気工事を行う際に必要となる資格です。電気工事の欠陥による災害を防ぐために、資格のある人でなければ、電気工事を行ってはいけないことが、法令で定められています。電気工事士法という法令に基づく、経済産業省が認定する国家資格です。最近では、DIYをするために資格を取得される方も増えていますよね((o(^∇^)o))
電気工事士は、第二種電気工事士と第一種電気工事士があります。その違いは、下記の通りです。

【第二種電気工事士】
みなさんの家や小規模な店など、600ボルト以下で受電する設備の電気工事をすることができます。具体的な仕事としては、建物の屋内配線、コンセントの設置等の施工をすることができます。

【第一種電気工事士】
職場の工場、ビル、集合住宅など最大電力500キロワット未満で受電する設備の電気工事をすることができます(´-`).。o(もちろん第二種電気工事士の範囲もできるよ)
具体的な仕事としては、電気の配線、電気設備の設置作業、分電盤やコンセント、照明の取り付けやそれに関する工事なども行えます。

2. 受験申込みの流れ

受験資格は、年齢・学歴・実務経験など関わらず、誰でも受験することができます( ^^)人(^^ )試験会場は、47都道府県で受験することができます。年に2回(上期と下期)で試験日が設定されています。もし、1回の試験で筆記試験に合格したが、技能試験は落ちてしまった場合、次の試験だけ筆記試験は免除され、技能試験から受験することができます。試験は、筆記試験と技能試験があります。

【上期】
願書の申込期間:3月中旬~4月上旬
筆記試験:5月下旬~6月上旬
技能試験:7月中旬

【下期】
願書の申込期間:7月下旬~8月中旬
筆記試験:9月下旬~10月上旬
技能試験:12月中旬
※筆記試験免除の場合の願書申込期間:9月上旬~9月中旬

また、試験の受験申し込み方法は、下記の2種類です。な、なんと、インターネットからの申し込みの方が、300円も安い!!そして、受験案内を取りに行く手間もないので、インターネットから申し込む方が個人的にはおすすめですヽ(´▽`)/

■インターネット
(一財)電気技術者試験センターのホームページより申し込む
受験手数料:9,300円

■受験案内
一部の大手書店、学校法人河合塾主要校舎、都道府県庁免状窓口などで、無料配布されている受験案内より申し込む
受験手数料:9,600円

3.試験内容と合格点

第二種電気工事士は、筆記試験と技能試験に受かれば合格です。

【筆記試験】
問題数:50問
配点:1問2点
合格点:60点(100点満点)
解答方法:マークシート方式で四肢択一
試験時間:2時間

【技能試験】
問題数:1問(※13問の候補問題の中から出題される)
合格点:欠陥(ミス)をせずに制限時間内に完成させること
解答方法:工具を用いての実技
試験時間:40分

筆記試験は、2時間の試験時間ですが、実際は30分程度で解き終えます(笑)なので、試験開始1時間が経過すると、解き終えた人は退出しても大丈夫です。教室の感じだと半分以上の人が退出していました。逆に技能試験は、40分の試験時間に追われる試験です。実際に、実技を行う試験なので、初心者だった私は時間がかかりました(´・ω・)

4.筆記試験の勉強方法

筆記試験は、過去問題とよく似た問題が出題されます。50問の問題数の中で、大まかに暗記問題と計算問題の2パターンで分けることができます。割合的には、暗記問題:計算問題=8:2くらい出題されるので、まずは暗記問題から勉強することがポイントです。
また、暗記問題の中でも、単純に「名称を答える問題」や、「文章の中から正しいものを選ぶ問題」などあります。なので、比較的覚えやすい「名称を答える問題」から、勉強すると簡単ですよ♪
先ほどお伝えした通り、筆記試験は2点×30問=60点で合格なので、逆を言うと20問は間違っても大丈夫なのです。なので、どこの分野で点数を取るのかを明確にすることが合格の秘訣です(((゚ー゚*)(*゚ー゚)))

5.技能試験の勉強方法

毎年1月になると、(一財)電気技術者試験センターより13問の候補問題が公表されます。その13問の候補問題の中から必ず1問本番の試験で出題されます。事前に試験問題がわかっているので、こんなラッキーなことはありません(っ`・ω・´)13問の候補問題をきちんと練習すれば、合格できる試験です。逆に、実技の試験なので、ある一定の時間練習をしないと、必ず落ちます。技能試験は、「単線図から複線図に描きかえる練習」「一つひとつの器具を作る練習」「その器具を時間内に組み立てる練習」の大きく3つ、行います。欠陥(ミス)なく、制限時間40分以内に実技をするには、なにより練習して慣れることが大切です。技能試験は、会場ごとで出題される問題が違うので、どの候補問題が出題されても対応できるように、13問しっかり練習しましょう。

関連する人気の記事はこちら> 技能試験は電気初心者でも合格できる?

6.電気工事士に合格するためには

まずは、上記でお伝えした電気工事士試験について、把握しておくことが大切です。そう上で、あなたに合う方法で筆記試験対策を行い、技能試験では実技の練習を行うことをおすすめします。
では、お勉強をされる際に、何を使って学習しますか?本屋さんの本では、文字が羅列されていて、あまり勉強が捗らなかったとの声も聞いたことがあります。特に、技能試験対策は、イメージできないと難しいですよね。゚(゚´ω`゚)゚。
翔泳社アカデミーでは、先生が講義をしている動画で学習することができるので、安心して勉強をすることができます。さらに、重要なところが一目でわかるので、効率的に学習できます。実際、電気初心者で文系の私でも合格することができましたp(*^-^*)q技能対策も、候補問題13問に対応している部材がついているので、自分で準備する手間もないですよ。
みなさんも、確実な合格を目指して頑張りませんか?

関連する人気の記事はこちら> これだけの教材で合格できる理由とは?
カテゴリー: ブログ
受講お申込み
閉じる
第二種電気工事士講座
第一種電気工事士講座
電気工事士とは
お申込みと費用