みんなの電気工事士 ブログ

第二種電気工事士の技能試験に落ちてしまう3つのポイント

みなさん、こんにちは。電気工事士女子です(´▽`)

電気工事士の試験は、筆記試験が終わり合格していれば、次は技能試験になります。
筆記試験が終わったタイミングで自己採点をして、「60点以上点数をとれた~p(*^-^*)q」ということだと安心ですよね♪

ほっとひと息つきたいところですが、1か月少しで技能試験が待っています!
実は、技能試験の合格率は約70%で高いですが、30%の人が落ちてしまいます。
また、技能試験の受験者のうち、約20%が筆記試験免除者です。となると、初めて技能試験を受験して、1回で合格されるのは、もっと低いと考えられますよね…゚゚(´O`)°゚

以前もお伝えした通り、電気初心者でも文系でも技能試験に合格できますが、なぜ、30%の人が落ちてしまうのでしょうか?
ここでは、30%の人が落ちてしまう3つのポイントについて解説していきます!

1.技能試験の仕組みを理解していない

毎年1月に、(一財)電気技術者試験センターより候補問題が13問公表され、その中の1問が、実際の技能試験でも出題されます。事前に出題される問題が公表されている試験なんて、なかなかないですよねヽ(´▽`)/なので、13問の対策をしっかりすれば、怖いものなんてありません!!

ところが、この13問から1問出題されることすら、ギリギリまで知らない人がいたりします。ちゃんと練習すれば合格できる試験なので、しっかり対策をしましょう。ただ一つ注意として、単線図から複線図の描き方を丸々暗記してしまうのではなく、ルールに基づいて書き換えれるようにすることが大切です。

2.勉強時間が取れない

技能試験で落ちてしまった方のほとんどが、「勉強時間がとれなかった」と、口を揃えて言います。筆記試験の場合は、時間があまり取れなくても、最悪つめて勉強すれば何とかなりますし、マークシート方式なので勘でも解けます(笑)

しかし、技能試験になると、
ある一定の時間を取って勉強しないとどうにもならない試験
です。

まず、単線図を複線図に描き直すことができないと技能自体ができません。また、実技の試験なので、実際に手を動かして練習しないといけません。工具の使い方すら最初は慣れていませんし、どうしても慣れるまでに時間がかかります。筆記試験と技能試験の勉強時間のギャップが発生し、「勉強時間が少なくても、筆記試験みたいにつめて勉強したらどうにかなるだろう(´-ω-`)」と思っていると、大変なことになりますよ~!!技能試験は練習時間がないとどうにかなりませんので、何とかして時間を作るようにしましょう!

3.本番の試験を見据えた練習をしていない

一つ一つの施工ができても、制限時間の40分以内に完成ができないと、不合格です。制限時間を意識して、「単線図を複線図に書き換える→実際に一つ一つの施工を行う→最終形まで完成させる」ところまで、通しで行う練習を必ずしましょう

また、事前にケーブルを必要な種類、数、長さに準備してから練習することを強くオススメします(´-`).。o(本番の試験では、ケーブルが切られて準備されていることが多い…?)。というのも、できる限り本番と同じ状況で練習しないと、試験当日、練習のクセがでてしまうからです!私も実際の試験で、PF管の施工を行う際、元々IV線の状態で配られているのにも関わらず、別の場所で使うVVFケーブルからIV線を取りだそうとしてしまいました。これはいつもの練習で、IV線の施工をするとき、VVFケーブルからIV線を取りだしていたからです。なんとか気付くことができましたが、クセは思ったより厄介ですよ(>_<)なので、本番の試験を見据えた練習を行って下さい。

4.まとめ:効率よく合格を目指せる勉強方法

逆に、試験の仕組みを理解し、勉強時間を確保しながら、本番を見据えた練習ができれば合格を目指せます!

それを叶えてくれるのが、第二種電気工事士短期合格特別講座です。

ナビゲーションブックをいう試験の仕組みやポイントがまとめられている便利な冊子がついてきます。また、早川先生が、自らお手本を見せるライブ講義で解説してくれるので、効率的に勉強することができます。

13問の候補問題にも対応しており、もちろん部材も付いてきます。これで、13問の候補問題を網羅し、効率的に時間も使いながら、実践的な練習を行えますね(^^)
みなさんも、合格を目指して頑張りませんか(*^-^*)?

カテゴリー: ブログ
受講お申込み
閉じる
第二種電気工事士講座
第一種電気工事士講座
電気工事士とは
お申込みと費用