みんなの電気工事士 ブログ

怪獣はダムがお好き?

1960年代、日本ではダムに隕石が落下して破壊されたという歴史があるようだ。

 

1964年、黒部ダムに隕石が落下して、キングギドラが出現した。かつて金星にあった高度文明を滅ぼした怪獣だそうだ。その後、富士の裾野でゴジラ、ラドン、モスラの協力体制で、キングギドラを宇宙に追い返したそうだ。これが「三大怪獣 地球最大の決戦」である。黒部ダムは関西電力の代表的なダムである。ちなみに怪獣は4頭いるのに、” 三大怪獣”というのには、ゴジラ、ラドン、モスラのことで、キングギドラは宇宙怪獣ということで数えられていないというわかりにくさがあるようだ。

cad1fe17fa9af4d696637462e6ac80fc_s

1966年3月、群馬県と新潟県の間にある弓ヶ谷付近の熊谷ダムの湖に、突如隕石が落下した。落下隕石の熱でダムの水はみるみる干上がって、その隕石の中からチルソニア遊星人にあやつられるロボット怪獣ガラモンが出現した。そしてガラモンは、熊谷ダムを破壊して東京に向かった。これがウラトラQ第13話「隕石怪獣ガラモン」である。熊谷ダムは、須田貝ダムのことで東京電力の管轄である。尚、弓ヶ谷では隕石のことをガラダマと言い伝えられている。その後ダムの水はいつ戻ったのかは記録にない。

 

1966年4月、宇宙空間でロケットに閉じ込められたガメラが脱出した。そして、黒部ダムに舞い降りて破壊した。その後、巨大怪獣バルゴンと関西で戦うのである。これが大映の「大怪獣決闘ガメラ対バルゴン」である。黒部ダムは関西電力の代表的なダムである。その後黒部ダムはどのように修復されていまがあるのかは、定かではない。

31d15b2a1c3313dc2b8327d07e7839cd_s

参考:電験的風景

カテゴリー: ブログ
受講お申込み
資料請求はこちら【無料】!
受講お申込み
資料請求はこちら【無料】!