みんなの電気工事士 ブログ

合格する電気工事士筆記試験の勉強方法

筆記試験の勉強をいざスタートしようと思ったとき、そもそも何をしたらいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか?
「何を使ったらいいの?」「どこから勉強しようかな」って迷いますよね(´-ω-`)
どのような勉強をすれば第二種電気工事士に合格できるのか、確認してみましょう。

1.どんな問題が試験で出されるのか

まずは、どんな問題が試験で出されるか把握することが重要です(っ`・ω・´)

第二種電気工事士の筆記試験は、四肢択一マークシート方式で、配点も1問2点50問出題されます。
100点満点中60点で合格です。
問題によって配点が大きくかわることもないので、安心ですよね。

問題としては、大きく分けて暗記問題と計算問題の2パターンです。
出題の割合としては、暗記問題:計算問題=8:2で暗記問題の割合が大きいです。
ここで気が付いた方もいるかもしれませんが、実は暗記問題だけで60点獲得することができます(´-`).。o(ありがたや~)

暗記問題は、下記のように、単純に写真の名称や用途を答える問題と文章から正しいものを答える問題など出題されます。

計算問題は、下記のように、中学3年生レベル(三角比、三平方の定理、小数点など)の数学を使って答える問題が出題されます。

そして、電気工事士の試験は過去問題とよく似た問題が出題される試験でもあります。
過去問題をみてみると、問1~問9(問1~問10の場合もあり)が計算問題、問10~問50(問11~問50の場合もあり)が暗記問題であることがわかります。

2.何から勉強すればいいのか

基本的に、8割出題される暗記問題からテキストで勉強します。
いったん、計算問題のことは忘れましょう(笑)
また、暗記問題の中でも、文章問題より写真の名称を答える問題から勉強した方が簡単ですよヽ(´▽`)/
テキストである程度、「これはこういうもの」と暗記問題を学習したあとは、過去問題の問10~問50(問11~問50の場合もあり)で、60点くらいとれるように学習します。

暗記問題を過去問題で60点くらい取れるようになったら、ここでやっと計算問題の勉強をスタートです。
先ほどもお伝えした通り、暗記問題だけで合格点60点をとれるので、計算問題を絶対に獲得しないといけないわけではありません。
ただ、「数学がイヤでイヤで仕方ない~゚゚(´O`)°゚」という人以外は、計算問題も勉強することをおすすめします!
というのも、案外解ける計算問題も実はあります。
私も、文系で電気も中学校で勉強したかな?
程度の初心者レベルでしたが、力率の計算問題、合成抵抗の計算問題は簡単に解けました。
初心者の私が実感していることなのでご安心ください(笑)
逆に、計算問題が得意な人は、全問正解の勢いで満点を目指してくださいねp(*^-^*)q
過去問題の問1~問10(※問1~問9の場合もあり)が計算問題になります。

3.過去問題から勉強すればいいってよく聞くけどどうなの?

ある程度知識のある方は、過去問題から勉強してもいいと思います。
ただ全くの初心者の人は、単純に知らない用語ばかりなので、過去問から勉強するといってもなかなか大変です( ゚-゚)( ゚ロ゚)

基本は、テキストから過去問題の順番で学習することがおススメですが、時間短縮のため過去問題から解きたいという人は、過去問題を解きながら出てきた答えをテキストで調べ、確認しながら進めるというやり方がいいと思いますよ。

4.これだけで筆記試験に合格できる理由

どうしても独学の勉強方法だと、ご自身でどこが大切なのかの判断ができないので、すべて学習しないといけなくなり、単純に時間がかかります(´・ω・)
また、どのテキストがいいのか自分で判断して購入しないといけません。

色々な勉強方法はありますが、翔泳社アカデミーの通信講座は必要なものがすべてそろっているので教材選びに迷う必要がありません。
また、短期間で合格を目指すことができます!
というのも、テキスト自体仕分けされているので、無駄なく勉強ができます。
そして、先生が動画で解説しているので理解しやすいです(´▽`)
e-ラーニングでも学習できるので隙間時間をいかせますね!

初心者だった私でも、平日は通勤時間や寝る前の隙間時間、休日はお出かけしたり、たまに2時間くらい勉強したりして、1ヶ月ちょっとで筆記試験を合格しました。
だらだらしながらの学習だったので集中して学習すれば、もう少し短期間で合格できたと思います(笑)
みなさんも効率的に確実な合格を目指しませんか?

カテゴリー: ブログ
受講お申込み
閉じる
第二種電気工事士講座
第一種電気工事士講座
電気工事士とは
お申込みと費用