電気工事士とは 第二種電気工事士の就職・転職

第二種電気工事士の就職・転職

第二種電気工事士は就職に強い

電気工事士の資格は、一般的に求人が多く、就職に強い、と言われています。
これは、電気が私たちの生活になくてはならないエネルギーであり、建築や工事がどこかで行われれば、そこには必ずと言っていいほど、電気工事士の需要が発生するからです。
また、コンセントや照明の増設、エアコンの設置といった小規模な一般家庭の電気工事でも資格が必要となるため、電気工事士の仕事は替えが効かず、活躍の場面がたくさんあるのです。
電気工事士は、いわゆる「手に職」系の資格ですので、年齢に左右されにくく、景気の影響を受けにくいことも魅力です。 定年後も、電気工事士の資格で仕事を続けている方もたくさんいます。
また、一般家庭の電気工事の需要は地域にかかわらず一定してあるので、地元就職やU ターン就職が比較的しやすいことも強みと言えます。

11

 

資格取得で転職の選択肢が大きく広がる

一般家庭の電気工事を請け負う電気工事店はもちろんのこと、建設・工務店関係からも広く求人があります。
また、システムや機械の保守・メンテナンス系の職種からも求人は多いようです。

20151127-1

 

技術の向上を実感でき、やりがいを感じられる

資格を活かして電気工事店などで働く場合、自分の技術の向上を実感できることがやりがいのひとつといえます。 最初は見習いでも、経験を積んでいくにつれて、難しい現場もこなせるようになり、任される仕事がどんどん増えていきます。
また、電気工事は、建物に電気という生命を吹き込み、街をつくっていく仕事です。自分が携わった建物や場所がずっと残りますので、自分の働く街に愛着や思い入れを今まで以上に感じることができるかもしれません。

▲TOPへ

受講お申込み
資料請求はこちら【無料】!
受講お申込み
資料請求はこちら【無料】!