電気工事士とは 第二種電気工事士のキャリアプラン

キャリアプランを考えてみる

第二種電気工事士からのステップアップで未来が広がる

電気工事士は資格を取得すると、その後の人生で活躍できる仕事の範囲がとても広がることが魅力のひとつです。 第二種電気工事士を電気の仕事のスタート地点として、実務経験を積んでいったり、他の資格をあわせて取ることで、ステップアップやキャリアを活かした新しい仕事に就くこともできます。
他の資格とその仕事について、簡単にご紹介しましょう。

14

 

第一種電気工事士への道

第一種電気工事士になると、ビルや商業施設など、より大きな電力を必要とする施設の電気工事に従事できるようになります。
第一種電気工事士は受験資格こそありませんが、合格しても3年または5年の実務経験がないと、免状を取得することができません。そのため、まず第二種電気工事士を取得して、実務経験を積んでから受験する方が多いようです。 電気工事を極め、より多彩な現場で活躍できるようになりたいなら、第一種電気工事士の取得を目指しましょう。

15

認定電気工事従事者とは?

認定電気工事従事者は、通常は第二種電気工事士では扱えない自家用電気工作物の工事を600ボルト以下のものに限り認可するもので、3年以上の実務経験、もしくは認定電気工事従事者認可講習を受講することで取得することができます。(但し、一般用電気工作物は扱えません)
簡単に言えば、第一種電気工事士が工事に従事できるビルや施設などでも600ボルト以下であれば仕事ができる資格ということです。また、認定電気工事従事者は第一種電気工事士の試験に合格しても免状を申請するために3~5年の実務経験が必要で、その期間のつなぎとなる資格でもあるのです。
認定電気工事従事者は、受験ではなくて、(一財)電気工事技術講習センターが実施している講習を修了すると取得できます。またある一定の経験など規程の条件を満たしていれば申請だけでも取得可能です。第二種電気工事士を取得したら、ぜひ取りたい資格です。

区分 工事できる範囲 第二種 第一種 認定※
一般用電気工作物 小規模店・一戸建て住宅等 600V以下で受電 ×
自家用電気工作物 変電設備のあるビル、施設、
工場、集合住宅等
600V以下 ×
最大電圧500kW未満 × ×
最大電圧500kW以上 × × ×
電気事業者用電気工作物 電力会社等の設備 × × ×

「認定※」=認定電気工事従事者

 

電気主任技術者への道

電気主任技術者は、電気関係の中では電気工事士と並んでポピュラーな資格で、通称「電験」と呼ばれています。
資格を取得すれば、発電所、工場、ビルなど事業用の電気設備の保安監督という仕事に従事することができます。 大きな電気を使う建物や設備は、この保安監督を必ず置いて、その管理下で工事や点検を行わなければなりません。 取り扱いできる電圧によって、第一種(電験一種)から第三種(電験三種)までありますが、第三種でもかなりの難関資格といわれています。
実務では技術責任者として、電気工作物に関する高い知識や経験が求められますので、電気工事士としてキャリアを十分に活かすことができます。

16

 

電気工事施工管理技士として現場の最高責任者になる

電気工事施工管理技士は、電気工事の施工計画や施工図を作成する専門家です。この資格を持っていると、監理技術者として現場監督に就くことができます。 1級と2級がありますが、特に1級では電気工事に関するマスタークラスの知識と経験が求められ、受験には最長15年の実務経験が求められます。
第一種電気工事士の免状取得者であれば、経験年数問わず受験できるため、第一種電気工事士を経て1級電気工事施工管理技士というキャリアプランを歩む方が多いようです。
現場監督は、いわば現場の最高責任者。道は長く険しいですが、電気工事を極め、大きな裁量を持って仕事をしたい方はこの資格取得を目指すとよいでしょう。

 

みんなの資格

職種によっては、電気工事士と併せて取得しておくと有利になる資格があります。「みんなの資格」は、国家資格概要のリンク集として作成しました。いろいろな資格がありますが、、ひとり一人の業務によって必要度が違います。また、資格によってはかなり受験資格の条件が制約されるものもあります。

参考:みんなの資格

▲TOPへ

受講お申込み
資料請求はこちら【無料】!
受講お申込み
資料請求はこちら【無料】!