電気工事士とは

電気工事士とは

電気工事士は、住宅や店舗、工場などの電気工事を行う際に必要となる資格です。例えば、新築やリフォームの屋内配線工事、照明器具の取付、エアコンやアンテナの設置などが電気工事士の仕事にあたります。

電気工事士の資格は、一般的に求人が多く、就職に強い、と言われています。
これは、電気が私たちの生活になくてはならないエネルギーであり、建築や工事がどこかで行われれば、そこには必ずと言っていいほど、電気工事士の需要が発生するからです。また、小規模な一般家庭の電気工事でも資格が必要となるため、活躍の場面がたくさんあるのです。
電気工事士は、いわゆる「手に職」系の資格ですので、年齢に左右されにくく、景気の影響を受けにくいことも魅力です。 定年後も、電気工事士の資格で仕事を続けている方もたくさんいます。
また、一般家庭の電気工事の需要は地域にかかわらず一定してあるので、地元就職やU ターン就職が比較的しやすいことも強みと言えます。

第二種電気工事士の就職・転職
第二種電気工事士の資格と仕事、転職事情について、簡単にご紹介いたします。

第二種電気工事士のキャリアプラン
第二種電気工事士は、他の資格をあわせて取ることで、新しい仕事に就くことが可能です。そんな他の資格とその仕事について、簡単にご紹介いたします。

第一種電気工事士の仕事
第一種電気工事士の資格と仕事、転職事情について、簡単にご紹介いたします。

▲TOPへ

受講お申込み
資料請求はこちら【無料】!
受講お申込み
資料請求はこちら【無料】!