受講お申し込み 受講お申し込み
ABOUT

電気工事士とは

電気工事の安全を守り、
生活を支えるプロフェッショナル

電気工事士は、電気工事を行う際に必要となる国家資格。
キャリアアップや独立開業、定年後の再就職などにも長く活かせる人気の資格です。

電気工事士とは

電気工事士は、住宅や店舗、工場などの電気工事を行う際に必要となる国家資格です。資格は、工事が行える設備に合わせて、二種と一種に分かれています。
電気工事の欠陥による災害の発生を防止するために、一定の資格のある人でなければ電気工事を行ってはいけないことが「電気工事士法」という法令で定められています。

資格を取得するメリット

MERIT01収入アップ、キャリアアップに直結

国家資格である電気工事士は、持っていると資格者手当などが配給され給与がアップする会社もあります。現場で経験を積んで実績を上げることができれば、キャリアアップや転職にも非常に有利です。

MERIT02独立開業も可能

実務経験を積んだ後に独立して事務所を持つ方も多いようです。定年退職後も個人事業主として、年齢に関わらず安定した収入が見込めます。

MERIT03チャレンジしやすい人気の資格 電験三種の足がかりにも

二種、一種ともに受験資格はなく、実務経験や学歴に関わらずだれでも受験することができます。学生からご年配の方まで、毎年10万名以上の方が受験している人気の資格です。
電気系の国家資格ではありますが、難易度は低く、正しく勉強すれば初心者でも合格することができます。
また電気に対する幅広い知識がつくため、電験三種を目指す方にもその足がかりとしておすすめの資格です。

第一種電気工事士は、3年の実務経験がないと免状がもらえないため、まず第二種電気工事士を取得して業務に従事してから、第一種電気工事士へとステップアップすると良いでしょう。

資格を取得するメリット

電気工事士の仕事

第二種電気工事士

戸建ての家や小規模な店舗など、600ボルト以下(低圧)で受電する設備の電気工事を行うことができる資格です。
屋内での電気配線工事、コンセントの設置工事等を行うことが可能です。

第一種電気工事士

工場やビル・集合住宅など、最大電力500キロワット未満(高圧)で受電する設備の電気工事を行うことができる資格です。
電気の配線、電気設備の設置作業、分電盤やコンセント、照明の取り付けやそれに伴う工事なども行います。保守・メンテナンスなども仕事の範囲です。

  • 第二種電気工事士

    600ボルト以下の
    戸建ての家や
    小規模な店舗

  • 第一種電気工事士

    最大電力
    500kW未満の
    工場やビル、集合住宅

    ※第二種の範囲も可能

電気工事士の試験について

POINT01試験概要と受験資格

試験には筆記試験と技能試験があり、その両方に合格する必要があります。
第二種は年に2回、第一種は年に1回試験が実施されます。
二種と一種の併願も可能です。

※ 日程は変更になる可能性があります。詳しくは(一財)電気技術者試験センターのホームページをご覧ください。

第二種
  第二種 上期 第二種 下期
試験会場 全国47都道府県 全国47都道府県
受験案内
配布
3月上旬〜 7月下旬〜
受験申し
込み期間
3月下旬〜
4月上旬
8月中旬〜
9月上旬
試験日

筆記:5月下旬の日曜日

技能:7月中旬の土曜日
もしくは日曜日

筆記:10月下旬の日曜日

技能:12月中旬の土曜日
もしくは日曜日

合格発表 8月中旬 1月中旬
受験資格 特にありません 特にありません
第一種
  第一種
試験会場 全国47都道府県
受験案内
配布
5月下旬〜
受験申し
込み期間
6月中旬〜
7月上旬
試験日 筆記:10月上旬の日曜日
技能:12月中旬の日曜日
合格発表 1月中旬
受験資格 特にありません

POINT02試験科目と問題形式

筆記試験は、四肢択一のマークシート方式です。50問の出題のうち、暗記問題と計算問題がおよそ8:2の割合で出題されます。1問2点で、合格基準点は60点です。
技能試験は、実際に工具を用いて実技を行う試験です。

第二種
  筆記試験 技能試験
解答方法 マークシート方式で四肢択一 工具を用いての実技
問題数 50問(暗記問題・計算問題) 1問(※13問の候補問題の中から出題)
試験時間 120分 40分
第一種
  筆記試験 技能試験
解答方法 マークシート方式で四肢択一 工具を用いての実技
問題数 50問(暗記問題・計算問題) 1問(※10問の候補問題の中から出題)
試験時間 140分 60分

POINT03合格者数と合格率

  • 第二種・筆記試験

    近年の筆記試験の合格率の平均は約60%で半数以上が合格しています。筆記試験の難易度は、そこまで高くはないことがわかります。

    合格者数と合格率合格者数と合格率
  • 第二種・実技試験

    近年の合格率の平均は約70%ですが、初めて技能試験を受験した方の平均合格率は約60%でした。技能試験は油断せずに、しっかり対策することが大切です。

    合格者数と合格率合格者数と合格率
  • 第一種・筆記試験
    合格者数と合格率合格者数と合格率
  • 第一種・実技試験
    合格者数と合格率合格者数と合格率

POINT04第二種電気工事士の免状申請までの流れ

第二種電気工事士の試験は、筆記・技能ともに、上期試験と下期試験の年に2回実施されます。
2回の試験のうち、例えば上期で筆記試験に合格したのに、技能試験が不合格だった場合、下期で技能試験のみ再度受験することができます。

第二種電気工事士の免状申請までの流れ 第二種電気工事士の免状申請までの流れ