電気工事士とは

電気工事士って、どんな資格なのだろう?

電気工事士は、住宅や店舗、工場などの電気工事士を行う際に必要となる資格です。電気工事の欠陥による災害の発生を防止するために、電気工事士法の定めによって一定範囲の電気工作物における電気工事に従事する者の資格が定められています。
電気工事士には、第二種電気工事士と第一種電気工事士があります。第二種電気工事士は、一般用電気工作物である小売店等の小規模店舗や一戸建て住宅での作業に従事できます。第一種電気工事士は、第二種の範囲の一般用電気工作物と、最大電力500キロワット未満の需要設備までの自家用電気工作物の作業に従事できます。

参考:電気工事士の作業範囲

電気工事士の資格は、一般的に求人が多く、就職に強いと言われています。

これは電気が私たちの生活になくてはならないエネルギーであり、建築や工事がどこかで行われれば、そこには必ずと言っていいほど電気工事士の需要が発生するからです。また、小規模な一般家庭の電気工事でも資格が必要となるため、活躍の場面がたくさんあるのです。
電気工事士は、いわゆる「手に職」系の資格ですので、景気の影響を受けにくいことも魅力です。定年後も、電気工事士の資格で仕事を続けている方もたくさんいます。また、一般家庭の電気工事士の需要は地域に関わらず一定してあるので、地元就職やUターン就職が比較的しやすいことも強みと言えます。

第二種電気工事士の就職・転職
第二種電気工事士の資格と仕事、転職事情について、簡単にご紹介いたします。

第一種電気工事士とは?
第一種電気工事士の資格と仕事、転職事情について、簡単にご紹介いたします。

電気工事士のキャリアプラン
第二種電気工事士は、他の資格とあわせて取ることで、仕事の幅を広げることが可能です。他の資格とその仕事内容についてまとめてみました。

電気工事士と関連資格
電気工事士資格とその上位資格である電気主任技術者。この2つの資格の違いを見てみましょう。

▲TOPへ

第二種電気工事士 短期合格特別講座
受講お申込み
講座の内容
第一種電気工事士 短期合格特別講座
受講お申込み
講座の内容
講座の内容
講座の内容